スポンサードリンク

かつてゴールキーパーにも関わらず、

センターサークル付近までオーバーラップ

して攻撃参加したイギータや、

ライオンのような奇抜はヘアスタイルで

活躍したパルデラマなど、個性豊かな選手

を多数生みだしてきたコロンビア。

参照元:https://www.pinterest.jp/
 

今ではハメス・ロドリゲスファルカオ

など世界が認めるタレント揃いの強豪国と

なりつつあります。

 

今回は、2018年ロシアワールドカップ

1次予選で日本と激突するコロンビアに

ついての様々な情報をお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

 


ワールドカップ対戦国コロンビアの注目選手は?

参照元:https://www.pinterest.jp/
 

それでは早速コロンビア代表の注目選手を

ご紹介していきましょう!

 

まずはコロンビアが誇る

絶対的ストライカーのファルカオです。

 

ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテ

生年月日:1986年2月10日生まれ

身長:178cm

体重:72kg

ポジション:フォワード(センターフォワード)

所属:ASモナコ

 

クラブ個人成績

1999-01 ランセロス・ボヤカ 8試合 1得点

2001-05 リーベル・プレート(ユース)

2005-09 リーベル・プレート 90試合 34得点

2009-13 ポルト 51試合 41得点

2013-  ASモナコ 49試合 32得点

2014-15 マンチェスター・ユナイテッド(レンタル) 26試合 4得点

2015-16 チェルシー(レンタル) 10試合 1得点

 

代表個人成績

2007- 69試合 28得点

 

個人タイトル

2009-10 タッサ・デ・ポルトガル得点王

UEFAチャンピオンズリーグベストゴール

2010-11 UEFAヨーロッパリーグ得点王

2011-12 UEFAヨーロッパリーグ得点王

 

素晴らしいセンスを感じさせるポジショニングに、

両足からの精度の高いシュート、

打点の高いヘディングとどれをとっても

世界最高峰のセンターフォワード

いえる武器を持っており、日本のゴールを

脅かす選手であることは間違いありません。

スポンサードリンク


 

次にご紹介したいのがハメス・ロドリゲスです。

ハメス・ダビド・ロドリゲス・ルビオ

生年月日:1991年7月12日生まれ

身長:180cm

体重:75kg

ポジション:オフェンシブミッドフィルダー

右ウイング、左ウイング

所属:バイエルン・ミュンヘン

 

クラブ個人成績

2006-08 エンビガド 30試合 9得点

2008-10 バンフィエルド 42試合 5得点

2010-13 ポルト 63試合 25得点

2013-14 モナコ 34試合 9得点

2014-  レアル・マドリード 77試合 28得点

2017-  バイエルン・ミュンヘン(レンタル)

 

代表個人成績

2011-  59試合 21得点

 

個人タイトル

2009 プリメーラ・ディビシオン最優秀若手選手賞

2010 コパ・リベルタドーレス最優秀若手選手賞

2011 トゥーロン国際大会最優秀選手賞

2011-12 プリメイラ・リーガ年間最優秀若手選手賞

2012 ポルトガル・ゴールデン・ボール

2013-14 リーグ・アン最多アシスト

UNEP年間最優秀チーム

ASモナコ年間最優秀選手

2014 FIFAワールドカップ・ゴールデンブーツ

FIFAワールドカップ・オールスターチーム

FIFAワールドカップ・ドリームチーム

FIFAワールドカップ・最優秀ゴール

FIFAプスカシュ賞

2014-15 リーガ・エスパニョーラベストイレブン

 

圧倒的なスピードやテクニックを駆使する

というよりも、堅実で制度の高いプレーが

特徴の選手です

 

ポジションはトップから1.5列目~2列目の

いわゆるセカンドトップが多く、

そこから抜け出すタイミングも非常に上手です。

 

細かなショートパスというよりも、

ロングレンジのスルーパス

サイドチェンジなど距離のあるパスの精度

が抜群に良い印象で、チームのリズムに

緩急やアクセントを付けることができる

プレーヤーです。

 

 


ワールドカップ対戦国コロンビアのプレースタイル、戦術は?

コロンビアの基本的なフォーメーションは

4-2-3-1です。

 

ゴールキーパー オスピナ

センターバック ミナ、D・サンチェス

左サイドバック ファブラ

右サイドバック アリアス

ボランチ D・トーレス、Cサンチェス

オフェンシブハーフ ハメス・ロドリゲス

右サイドハーフ クアドラード

左サイドハーフ カルドナ

センターフォワード ファルカオ

 

前回大会ではアキレス腱といわれた

センターバックですが、現在はミナと

サンチェスという期待の若手を入れたこと

で、守備はだいぶ改善されたといって

良いでしょう。

 

2012年に就任したアルゼンチン出身の

ペケルマン監督は、アルゼンチンには珍しく、

守備に力を入れる戦術を取り入れる傾向に

あります。

参照元:https://www.pinterest.jp/
 

就任当初から全員攻撃、全員守備という

トータルフットボールを選手達に植え付け

就任6年目となるロシアワールドカップを

前に確実にトータルフットボールは

浸透しているそうです。

 

 


コロンビアの過去の成績やFIFAランクは?

コロンビアはワールドカップ本大会に

5回出場し、最高順位は2014年のベスト8です。

 

1962年チリ大会

グループリーグ

コロンビア 1-2 ウルグアイ

コロンビア 4-4 ソ連

コロンビア 0-5 ユーゴスラビア

グループリーグ敗退

 

1990年イタリア大会

グループリーグ

コロンビア 2-0 UAE

コロンビア 0-1 ユーゴスラビア

コロンビア 1-1 西ドイツ

決勝トーナメント1回戦

コロンビア 1-2 カメルーン

ベスト16

 

1994年アメリカ大会

コロンビア 1-3 ルーマニア

コロンビア 1-2 アメリカ

コロンビア 2-0 スイス

グループリーグ敗退

 

2014年ブラジル大会

グループリーグ

コロンビア 3-0 ギリシャ

コロンビア 2-1 コートジボワール

コロンビア 4-1 日本

決勝トーナメント1回戦

コロンビア 2-0 ウルグアイ

準々決勝

コロンビア 1-2 ブラジル

ベスト8

 

 


ワールドカップ対戦国コロンビアから日本が勝点3を奪うには?

参照元:https://www.pinterest.jp/
 

コロンビアはペケルマン監督が就任する

以前の攻撃的なサッカーではなく、

きっちり守ってからカウンターで

得点を狙う傾向が強いです。

 

ディフェンダーから、ロングボールも

蹴れて中央突破もできるハメス・ロドリゲスにつなぎ、

最後にファルカオがゴールを

奪うという流れを止めることが先決です。

 

ボールを奪ったらコロンビアが守備態勢を

整えるまえに、早めに攻撃を仕掛け、

ディフェンスの裏をつくチャンスを

増やせれば勝点3を奪うことも

難しくないと思います!

 

 

この記事をご覧になった方には

こちらの記事もおすすめです。

<関連記事>

セネガル代表のメンバーや戦術は?注目選手と過去の対戦成績も紹介!

ポーランド代表のメンバーや戦術は?注目選手と過去の対戦成績も紹介!

サッカー福袋!ジュニア用で人気の商品は?2018年版の中身や価格を紹介!

サッカー福袋!2018年の人気ブランドは?中身や価格、予約情報を紹介!

サッカー日本代表監督!歴代の成績や年俸、在任期間などを紹介!

サッカー日本代表ユニフォーム!歴代の人気モデルや機能性も紹介!

サッカー日本代表の試合の日程は?2017年~18年の対戦国や会場は?

 

 

コロンビアとの前回対戦では

ブラジルワールドカップ1次リーグで

1-4で敗れています。

 

今回のコロンビアは前回よりもはるかに

強くなっています。

 

しかし我が日本も同じように強さが増しています!

是非、前回のリベンジを果たしてもらいたいですね!

 

以上、「コロンビア代表のメンバーや戦術は?注目選手と過去の対戦成績も紹介!」でした。

スポンサードリンク