スポンサードリンク

サーフィン初心者が必ずと言っていいほどぶちあたる問題!

 

それはドルフィンスルーがうまくできずに

沖に出れないということじゃないでしょうか!

 

私自身ももちろん経験しましたし、私の奥さん、周りの仲間たちも皆、

初めは苦労していました。

どうしても避けては通れないことなので少しでも早く

マスターするためにコツポイントをお教えします!

スポンサードリンク

ドルフィンスルー時はボードの沈め方とタイミングに気をつける!

まず、基本的なボードの沈め方ですが

両手でボードのレール(両端)をつかみ、

腕をピーンと伸ばしボードの前半分を沈めます。

次にその状態で片足をボードの

テールエンド(デッキパッドの一番後ろの盛り上がったところ)

にかけ、思いっきり蹴り沈めます。

この時もう一方の足は上にあげ蹴り込む方の足に反動をつけてあげます。

 

そうしてうまくボード全体が沈めば

今度は自分の体も沈めてあげます。

伸ばしていた腕を再び曲げ、ボードに密着させるようにすれば

簡単に体はボードと共に沈んでいってくれます。

あとはそのままの勢いと浮力によって自然と海面に上がってきます。

 

この一連の動作を迫ってくる波のパワーやスピードを

見極めながら行うのですからなかなか簡単ではないですよね。

潜るタイミングですが、初めのうちは意識して

早めに潜り始めるといいと思います。

頭で考えている間に波が迫ってきて潜りきれず波を食らうということがよくあるからです。

 

ドルフィンスルー時は波を見極めて沈める深さを変える!

波数の多い日や、アウトサイドまでが遠い時など、

連続してドルフィンをしなければいけない場面があります。

そんな時に毎回全力のドルフィンをしていたら体力が持ちませんよね。

そういった場合は、波の状態(うねりの段階なのか崩れてスープになっている状態なのか)や、

波のポジション(ピーク付近のパワーのある場所なのかそうじゃない場所なのか)を見極めて

いい意味で手を抜いたドルフィンをします。

テールを沈める時に膝で蹴り込むとバランスを崩しにくく

体力もセーブできて手抜きドルフィンができます。

 

ドルフィンスルーがダメでも初心者がやりやすいプッシングスルーとは?

先ほどの手抜きドルフィンに続く話にもなります。

波を体とボードの間に通してやり過ごすことを

プッシングスルーといます。これはかなり体力消費を抑えられます。

小さな波でしか使えない技ですが是非覚えていてください!

波が迫ってきたら、ボードはドルフィンスルーの要領で腕をピーンと伸ばして沈めます。

あとは体は海面に出したまま波を通します。

これだけのことですが覚えているといないとでは結構違いますよ!

 

 

 

最後に補足ですが綺麗に波の下をくぐるにはその前のパドルスピードが重要になります。

パドリングとセットで練習しましょう!

パドリングの進むコツとは?スイスイいける秘密は姿勢から?

スポンサードリンク

スポンサードリンク