スポンサードリンク

「冬は日本海!」

というのがサーフィン業界の定説に

なっています。

すごくざっくりと分けると夏場は太平洋

に波が立ちやすく、

冬場は日本海側に波が立ちやすいのです。

 

冬のサーフィンがテーマなので今回は

その日本海側のサーフポイントを紹介します。

 

 

冬の日本海と聞くと荒れた厳しい海を

思い浮かべる方も多いとおもいます。

 

実際、夏の間は波もなく海水浴場として

解放されている海岸も冬場は

すごく大きい波が立つポイントも沢山あります。

 

先ほど述べたイメージのように荒れた海も

少なくありませんので、初心者の方は

より慎重なポイント選びが必要になってくると思います。

 

そこで今回紹介するサーフポイントは

関西から日帰りで行ける範囲で

私が比較的、初心者の方でも

入りやすいなと実際に感じたところを

ご紹介します。

スポンサードリンク

 

大阪から行ける冬のサーフポイントは福井県「難波江ポイント」

読み方は「なばえ」です。

福井県の高浜エリアにあるポイントの一つです。

 

周りを山に囲まれた湾状のビーチに

なっていますので普段はあまり波が

立たないのですが、初心者の方が練習する

にはとてもいい場所だと思います。

 

周りのポイントが波が大きくなり

クローズアウトするとこのポイントに

人が集中することがありますので

そういう時は少し注意が必要です。

 

周りを囲まれていますので比較的風の影響

も受けにくく、流れも発生しにくいので

安心して入ることができると思います。

 

ポイントの南側が高台になっていますので

そこから全体を見渡すことができます。

その高台から一度全体の雰囲気を見てから

入るといいと思います。

 

施設も整っていて駐車場にはシャワーと

トイレだけでなくバスタブまで付いている

ところがあります。

サーフィン後の冷えた体には最高ですね!

 

波の立つ頻度自体は少なめなので

ここでいいサイズの波が

あれば間違いなく入ったほうがいいです!

スポンサードリンク

 

大阪から行ける冬のサーフポイントは福井県「鳥居浜ポイント」

難波江ポイントから南東方向に少し行った

ところにあるのが鳥居浜ポイントです。

 

今では高浜エリアのメインブレイク

なっています。

 

高浜メインと呼ばれるポイントが別に

あるのですが、現在は地形や波質の良さ

からこちらがメインのポイントとなっています。

 

 

基本的には初心者でも十分に楽しめる

優しく広いビーチブレイクです。

 

ですが、

日本海エリアの北向きに開けている海に

共通していえる事かもしれませんが、

冬型の気圧配置になり北風が強まると

一気にサイズアップし強いカレント(潮の流れ)も

発生しますそういった日は注意が必要です!

 

海に向かって左側は鳥居浜の中でも

「城山ポイント」と呼ばれ、

少し奥まっている分、西よりの風は

かわす事が出来るので風が強く波に

まとまりがない時などはここをチェックしてみてください。

 

長い海岸沿いにたくさんの駐車場が

ありますので、チェックしながら

入りたい場所の近くの駐車場に

車を止めるといいと思います。

 

温水シャワーも整っているところが

たくさんありますよ。

参照元:holysmokeblog.jp/tag/
 

大阪から行ける冬のサーフポイントは京都府「八丁浜ポイント」

こちらも大阪方面からのアクセスは抜群です。

 

高速道路を下りてから少し距離があるの

ですが、高速道路自体少しずつ延伸して

いますのでいずれはもっと短い時間で

行く事が出来るかもしれません。

 

あの有名な景勝地、天橋立の近くを通り

丹後半島の北側まで行ったところにあります。

 

この辺りは、天橋立ももちろんですし

他にもたくさんの観光地や温泉もあります

のでサーフィン後に

立ち寄ってみるのもいいですよ。

 

この八丁浜ポイントの特徴ですが、

とにかく波までが遠いです!

ロングパドル必須です!

 

インサイド側であまり波が割れないので、

ドルフィンスルーの技術はそこまで要求

されませんが、

正しく疲れにくいパドリングが必要です。

 

ゲッティングアウトはとても疲れますが、

私は何となくロングパドルは外国の

イメージがあり

大好きなポイントのひとつです!

 

こちらも広〜いビーチで京都エリアの有名

な海水浴場なので、駐車場や施設も

整っていてとても

サーフィンしやすい環境になっています。

 

もちろんこの八丁浜でサーフィンしても

いいですし、この丹後半島は周りにとても

たくさんの

サーフィン可能なビーチが点在しています。

 

車ですぐに移動できる距離なので、転々と

巡ってみるのもおすすめです。

 

なかにはローカルサーファーの方達が特に

大事にされているポイントもあるので、

マナーを守ってポイント巡りをしてみましょう!

 

もしかしたら貸切の穴場ポイントに

出会えるかもしれませんよ!

 

冬のサーフィン!初心者におすすめのサーフアイテムは?

冬のサーフィンの敵はとにかく寒さです!

ですが寒さに負けていては初心者からの

飛躍的な上達は望めません!

 

ですので冬の寒さを少しでも和らげて

サーフィンすることに役立つアイテムを

紹介していきます。

 

ホットジェル

海に入る前に体に塗るジェルなのですが、

唐辛子成分を配合していて塗れば

体がポカポカしてくるジェルです!

 

ハードとレギュラーの2種類があって

私は寒がりなのでハードを使っている

のですが、塗ってすぐに熱〜くなってきます!

 

人によっては痛いという人もいるぐらい

ですからその効果は実証済みです!

 

真冬はサーフブーツを履いてサーフィン

するのですがそのブーツの中にももちろん

注入します。

冬には手放せないアイテムですよ!

 

ポリタンク&ポリタンクケース

冬のサーフィンで1番寒さを感じるのは

実は海の中ではなく海から上がった後の

着替えの時です。

 

そんな時にあったかいお湯があるかないか

これはかなり重要なポイントになります!

 

中には温水シャワーのないところや、

有料なところもあるので家から持っていく

お湯はまさに「命のお湯」になる時が

あります!

 

ポリタンクに熱々のお湯を入れて

このカバーに入れていけば1日ぐらいなら

熱いままキープしてくれます。

 

こちらの商品は10ℓのタンクが2つついて

いて別々に使うことができるタイプです

ので、女性の方や子供さんでも

持ち上げることができると思いますよ。

 

もう一つ、最後まで読んでいただいた方に

おまけ情報ですが、このお湯に先程ご紹介

したホットジェルを混ぜて使うと体が

あっという間に温まり、長く持続させる

ことができるお湯が作れるんです!

 

冷え切った体は普通のお湯では

なかなか温まりませんがこの

ホットジェル入りのお湯を使うと

帰りの車の中も快適ですよ!

 

 

この記事をご覧になった方には

こちらの記事もおすすめです。

<関連記事>

初心者のためのサーフボード選び!ボードの種類やサイズはどうすれば?

パドリングの進むコツとは?スイスイいける秘密は姿勢から?

初心者のためのドルフィンスルーのやり方!沖に出れなくて悩んでる方へ!

知ってるようで意外に知らない?海の潮の満ち引きのメカニズムは?

オーストラリアでのワーホリのおすすめ都市は?気候や物価、働きやすさは?

大阪からいける初心者でも入りやすいサーフポイントは?

夏の海でクラゲの他にも気を付けないといけない怖い危険生物は?

趣味探し中の女性必見!人気があって簡単に始められるおすすめは?

趣味探し中の男性必見!人気があって簡単に始められるおすすめは?

 

 

最後に、

冬の海は夏の海よりもさらに危険が伴う

場合が多々あります。

 

初心者の方は特に十分に情報収集をして

万全の準備をしてから入水するように

してください。

 

以上、「冬のサーフィン!大阪から行ける初心者におすすめの日本海ポイントを紹介」でした。

スポンサードリンク