美術館巡り初心者でも安心!関東のおすすめアートスポットは?

公開日: : 最終更新日:2017/06/16 イベント, 雑学 ,

スポンサードリンク

美術館って興味があるけど・・・

初心者さんにとっては美術館に足を運ぶこと自体が,

未知の世界に行くかのような大きな一歩。

しかし,ご安心ください。最初から上級者はいません。

今回は,これからたくさん美術館巡りをしてみたいと思っている

美術館初心者さんの力になる記事をお送りします。

スポンサードリンク

 

 

誰でも楽しめる所、それが「美術館」という場所

美術館って行ってみたい所だけれども

なんとなく敷居が高い

難しそう・・・・

どうやって選んでいいのか分からない!

こんなイメージを持ってしまいがちです。

 

行ったことがない場所って,どこであっても

分からないことへの不安が付きまといますよね。

 

分かりやすく言うと

新しくオープンしたレストラン

おいしいのかな?どんなメニューがあるのかな?

これと似ていると思います。

 

美術館と一言で言っても,そこに展示されているものは様々です。

絵画,写真,彫刻,陶芸,木工・・・

レストランもこれに似ていますね。

和,洋,イタリアン,中華・・・

レストランは行って食べてみて初めて分かります。

 

美術館も同じです。

行って見て初めて,発見があるのです。

 

初心者はどんな美術館を選ぶべき?

あなたが好きなものは何ですか?

絵画?それとも彫刻?

まずは好きな芸術分野をちょっと考えてみましょう。

 

美術館巡りを始めるに際しての一番の方法は

「好きな分野の展示をしている美術館に足を運ぶ」

これに尽きます。

好きなものだとスタートを切りやすいからです。

参照元:maruchiba.jp/

 

美術館巡り初心者は直感で決めてみるのもいい

特に好きな分野がないという方や,いろんなものを見てみたい

という方もいらっしゃるでしょう。これもとてもいいこと。

 

レストランで言えば

興味関心が広いのでいろんなメニューに挑戦できる

こんな状態です。

 

駅で目に入ってきた美術館のポスターを見て,

あ,良さそう!おもしろそう!

こんなふうに選ぶのもとてもいいことです。

 

美術館巡り初心者は友達を誘って行ってみよう!

行ってみたいけれども,行かなくても毎日やることあるし

別にわざわざ行くこともないかな・・・。

そんなことを思っているうちにあっという間に月日が過ぎて

しまう・・・。いろんなことにおいてよくアルことです。

 

美術館に興味を持ったのであれば,すぐさま

友達を誘う!

初心者さんには美術館巡りを楽しく進めるための

いい方法です。

 

友達と行くとなるといつ行くか&どこに行くか

を事前に決める必要があります。

 

そして,友達と行く一番のメリットは

美術館で芸術鑑賞をしたあとに感想を話し合える

こんなことも待っています。

 

自分一人で行くのはいつでも行けるという気楽さがありますが,

いつでも行ける=結局行かない

ということにも陥りがち。

 

だれかと時間を共有できるって,いいことですよ。

スポンサードリンク

 

美術館巡り初心者の関東のおすすめアートスポットはここだ

関東1都6県の情報です

東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園・他)

日本で最初の国立美術館

本館,工芸館,フィルムセンターがあります。

 

本館展示スペースが非常に広く,明治以降の近現代の

日本の美術品を見て回ることができます。

 

美術館の王道,首都東京に位置するナショナルミュージアム

ということで外せないアートスポットです。

 

<入館料>

企画、展示内容により異なります。

 

東京おもちゃ美術館(新宿区四谷)

展示物を見るだけではなく,

触ったり遊んだりして楽しめる美術館です。

 

木のおもちゃがたくさんあり,

お子様連れでも楽しめるというよりも

お子様がいる家庭はぜひ足を運んでもらいたい

アートスポットです。

でも一番楽しいのは実は親の方だったりして・・・?!

 

<入館料>

大人:800円

子供:500円

大人子供のペア券:1,200円

 

彫刻の森美術館(箱根)

野外美術館としてあまりにも有名なアートスポットです。

館内で見るのとは一風違う雰囲気を,箱根の風を感じながら

見て回ることができます。たくさん歩いた後は,足湯

ゆったり。

 

<入館料>

一般:1,600円

大学生、高校生:1,200円

中学生、小学生:800円

*毎週土曜日は保護者1名につき小・中学生5名まで無料の「ファミリー優待日」

 

星の王子様ミュージアム(箱根)

フランスの作家サン=テグジュペリの生誕100周年を記念して

1999年に開館したアートスポットです。

世界で初めての星の王子様ミュージアムは,

実は日本なのです

足を踏み入れるとそこはもうフランスです。

 

<入館料>

大人:1,600円

大学・高校生・シニア(65歳以上):1,100円

小・中学生:700円

*当日券料金、前売り券は100円〜200円割引

 

千葉県立美術館(千葉市中央区)

千葉県にゆかりのある美術品を中心にしていますが,

国内,国外と幅広く美術品の所蔵,

展示をしているアートスポットです。

 

平屋建ての館内には段差がないため,

すべての訪問者に優しい造りとなっています。

 

<入館料>

企画によって異なりますが大人で300円〜800円ほどで

中学生、シニアは無料とかなりリーズナブル。

 

ホキ美術館(千葉市緑区)

日本初となる写実絵画を専門とする美術館。

まるで写真のよう!とため息がでてしまうくらい

写実というものは高度かつ繊細な手法です。

 

室内でありながらも,自然を感じながら作品を見られる

建築様式にも注目です。

 

<入館料>

大人:1,800円

大学・高校生・シニア(65歳以上):1,300円

中学生:900円

小学生以下:無料

 

茨城県天心記念五浦美術館(北茨城市)

広いガラス張りの先には,どこまでも続く太平洋。

遠い昔に岡倉天心がこの地で美に向き合ったことに

思いを馳せながら作品を鑑賞できるアートスポットです。

 

<入館料>

企画によって異なります。

 

笠間日動美術館(笠間市)

フランス館・パレット館・企画展示館の3つの室内展示と

野外彫刻庭園を併せ持つ,笠間の丘陵地にある美術館です。

 

コンパクトな美術館でありながらも,所蔵する作品は

国内,海外からの逸品ばかり。

ゆったりとした時を感じながら

楽しめるアートスポットです。

 

<入館料>

一般:1,000円

65歳以上:800円

大学・高校生:700円

小・中学生:無料

 

宇都宮美術館(宇都宮市)

宇都宮市制100周年記念によって作られた緑の多い美術館。

「地域と美術」「生活と美術」「環境と美術」というテーマ

に分けて各作品を収蔵,展示しているところに

美術館の心意気を感じさせます。

 

美術館周辺の公園施設にて,美術に関する

ワークショップも開かれており,

体験型アートを楽しむこともできるスポットです。

 

<入館料>

企画によって異なりますが大人で300円〜600円ほどが多いようです。

 

いわむらかずお絵本の丘美術館(那須郡那珂川町)

絵本作家であるいわむらかずお氏の絵本作品や絵本舞台に触れる

ことができる美術館です。

周辺には広い里山が広がり,ここはえほんの丘とよばれています。

 

また,館内ではおはなし会も開催されます。

屋外でも館内でも参加型で楽しむことができるアートスポットです。

 

<入館料>

大人:900円

中学・高校生:700円

小学生:500円

幼児:300円

 

富弘美術館(みどり市)

星野富弘氏によって描かれた,とても優しい花々の絵を

見たことがある方は多いのではないでしょうか?

ここ富弘美術館ではたくさんの絵画とともに,

語りかけてくる言葉に出会うことができます。

 

正方形の建物は,シャボン玉を意識しているという事。

絵と同じ,柔らかな雰囲気を楽しめるアートスポットです。

 

<入館料>

大人:500円

小・中学生:300円

幼児:無料

*特別展の場合は特別料金

 

ハラ ミュージアム アーク(渋川市)

美術館の別館で,本館はなんと東京都品川区!

こんなにも離れたところに別館があるなんて面白い。

 

展示しているアートも国内外の現代美術品が

中心なので,斬新なものに出会えます。

学芸員による予約制ガイドツアーも行っており,

モダンアートを深く知ることができます。

 

<入館料>

大人:1,100円

大学・高校生:700円

小・中学生:500円

 

埼玉県立近代美術館(浦和区常盤)

北浦和公園内にある総合美術館です。

館内にはグッドデザインの椅子があり,

これらに腰をかけてゆっくりと数々の作品を見ることができます。

 

別名「椅子の美術館」とも言われているのはこのためです。

 

年齢,学年別に分けられたアート体感ワークショップも

充実しているので親子で楽しむことができます。

 

<入館料>

企画によって異なりますがこちらも県立のため数百円と

リーズナブル。

 

サトエ記念21世紀美術館(加須市)

キャッチフレーズは,「日本庭園と彫刻と絵画の美術館」

手入れが行き届いた日本庭園には,

春夏秋冬季節の花が咲き誇り,

訪れた人の心を掴んでいます。

 

館内には企画展示室,常設展示室があります。

館内,屋外どちらも魅力あふれる場所となっています。

 

<入館料>

大人:900円

大学・高校生:700円

小・中学生:600円

幼児:無料

参照元:cluricaune.world.coocan.jp/

身近な場所として生活の中にぜひ美術館を

いかがでしたか?これであなたもりっぱな美術館巡り

ビギナーの仲間入りです。

まずは身近なところから足を運んでみて,

自分の世界を広げてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事:美術館巡り初心者でも安心!関西のおすすめアートスポットは?

関連記事

クリスマスプレゼントの子供への渡し方は?おすすめのサプライズ演出を紹介!

子供へのクリスマスプレゼントの渡し方、 何か工夫していますか?   「毎

記事を読む

クリスマスにチキンをなぜ食べる?日本と海外の違いや歴史は?

クリスマスのメインディッシュともされる 「チキン」 なぜ食べるのかはご存知ですか?

記事を読む

雛人形はおしゃれでコンパクトなものを!通販で安いおすすめの人気商品は?

女の子がいるご家庭は雛人形を購入する ことを検討中のご家庭も多いのではないでしょうか?

記事を読む

ボジョレーヌーボーの種類や賞味期限は?合わせるならどんな料理?

今年の解禁日は11月○日! ついに成田空港に到着! これ,なんだか分かりますか?

記事を読む

趣味探し中の男性必見!人気があって簡単に始められるおすすめは?

何か夢中になれる趣味を探している男性は 多いはず!   仕事と家の往復だ

記事を読む

酉の市2017年の日程や開催場所とは?今年は「三の酉」に注意!?

酉の市,一度はテレビで見たことがあるでしょう。 今年も残り2か月を切る11月に 酉の市は

記事を読む

節分の豆まきを落花生でする理由や意味と地域差は?まいた後はいくつ食べる?

春を迎える節分、豆まきの季節がやってきます。 「鬼はー外!」「福はー内!」との掛け声で

記事を読む

クリスマスプレゼントを嫁(妻)へ!30代が喜ぶおすすめを予算別に紹介!

今年の嫁へのクリスマスプレゼントは もうお決まりでしょうか!?   今回

記事を読む

2017年関西の七夕イベント!カップルや家族連れにもおすすめのスポットは?

GWが終わると、毎年近くの幼稚園を通りかかると 子供達の元気いっぱいの声でこんな歌が聴こえて来

記事を読む

正月は花を玄関に!おすすめの種類や簡単な飾り付けとアレンジ方法は?

お正月には美味しい物を食べながら 家族でテレビを見て過ごす。 そんな何気ないひと時が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

七夕にそうめんの意味とは?由来や歴史、行事食におすすめのレシピも紹介!

七夕に食べるものといえばちらし寿司か そうめんですよね。

カメムシの臭いの取り方は?手や服、部屋についた悪臭を綺麗に消す方法を紹介

カメムシといえばあの臭い、 あの臭いといえばカメムシ・・

コガネムシの幼虫の駆除の仕方とは?効果的な方法や薬剤、対策も紹介

夏の季節の昆虫で植物に害を与える昆虫と いえばコガネムシです。

浴衣をリメイクしてワンピースやチュニックに!作り方のコツや手順を紹介

みなさん、"リメイク"と聞くと何を 感じますか? なかなか

虹のスピリチュアルなメッセージとは?7色の意味と幸運のサインを解説

雨上がりの空に「あっ!虹!」と見つけた あなたは、それだけでなぜ

→もっと見る

PAGE TOP ↑