サッカーをしているお子さんを持つ親御さんの

悩みとしてよくあるものの一つが冬場の練習着

子供にどのような寒さ対策をすればよいのかと頭を悩ませている方も大勢いることでしょう。

 

汗をかいて風邪をひいてしまったり、体が冷えたままだと怪我の心配もあります。

 

そんな悩みもこの記事を読んでいただければ解決します!

 

そんなわけで今回は、

冬場のサッカーの服装について必要なものや、

サッカー経験者が教えるおすすめの練習着や防寒グッズなどを紹介していきます。

スポンサードリンク

 


サッカーは本来は冬のスポーツだった?

参照元:https://pixabay.com/
日本のJリーグは「春秋制」といって春に始まり秋に終わる、いわゆる夏のスポーツです。

 

ですがサッカーの本場であるヨーロッパ各国のリーグなど多くの国では

「秋春制」、つまり秋に始まり春に終わる冬のスポーツなのです。

 

日本のJリーグが秋春制を採用していることには幾つかの理由があるようですが、

はっきりとしたことは公表されていません。

 

Jリーグ創設時に人気スポーツのプロ野球のシーズンに合わせたとか、

将来的に各都道府県にチームを作りたいという構想があり、

雪の多い地域には冬のシーズン開催は困難だからとか、

学校などと同じで春から一年が始まるという感覚に合わせたなど

幾つかの噂があります。

 

4年に1度開催されるワールドカップは6月にあるため、

ヨーロッパの主要リーグが終わった後に始まるようにされています。

 

やはり世界的に見ると冬のスポーツであると言えるのかもしれません。

スポンサードリンク


冬にサッカーをするなら最低限揃えたいのは?

では実際に日本の寒い冬にサッカーをするのに最低限揃えたいものを紹介します。

 

  • インナーシャツ
  • タイツ
  • 中綿ウォーマースーツ
  • 手袋
  • ネックウォーマー

の5つです。

 

以下ではそれぞれについて解説していきます。

 

インナーシャツ・タイツ

冬の定番といわれるインナーシャツやタイツですが、

各メーカーから数々のインナーシャツ・タイツが展開しています。

 

インナーシャツは保温性はもちろん、

適度な温度を保ったまま汗を素早く吸収し、

ウェア外へ発散する吸汗速乾機能がついているものがおすすめです。

 

サッカーは走りっぱなしのスポーツですので真冬でも汗をかいたときのことも考えなければいけません。

 

そしてさらにストレッチ機能がついていると、

筋肉を適度に圧迫し、

疲れを抑制してお子さんのサッカーパフォーマンスの向上に役立ちます。

 

インナーシャツは是非とも揃えていただきたいアイテムです。

 

注意していただきたいのが、

公式戦などではユニフォームと同色のインナーシャツ・タイツでなければ出場が認められない場合があります。

カラーの選び方については注意が必要です。

 

お子さんに特におすすめなインナーシャツは、

ミズノから発売されているブレスサーモハイネック長袖シャツです。

吸湿発熱素材の「ブレスサーモ」を使用した快適なインナーシャツです。

 

冬場のサッカー練習にはかなり重宝するアイテムですので何枚かまとめ買いすることもおすすめです。

 

中綿ウォーマースーツ

次にこちらも是非揃えていただきたいのが中綿ウォーマースーツです。

 

着脱しやすいベンチコートを使用しているお子さんも多いかと思いますが、

スカートタイプなので下から寒風が入り込んで意外と寒さを防ぐことができないこともあります。

 

そうかといってピステでは素材が薄すぎて寒さを抑えることができません。

 

そこで中綿の温かい上下のスーツを使用します。

 

上下のスーツタイプなので寒風が入り込む隙間がなく、

とても保温性に優れていて、

スーツを着たままウォーミングアップもでき、

試合や練習が始まれば裾にはジッパーがついているのでスパイクを脱がなくても着脱できる、

寒い冬の季節には大活躍するアイテムです。

 

おすすめな中綿ウォーマースーツはこちらです。

経験者からの裏技的な意見として、

適当な中綿ウォーマースーツが無ければ、

スキースーツを着て練習している選手もよく見かけます。

 

撥水性にも優れて吸汗速乾性にも優れているのでとても便利です。

 

手袋

そして寒い冬のサッカーで揃えたいアイテムとして

忘れてはいけないのが手袋です。

 

手袋と一言で言っても機能性に優れた手袋も展開しているので、

単なるナイロン素材を選ぶよりも、

より防寒性に優れた手袋をおすすめします。

 

特にumbroの手袋は、繊維に閉じ込めた炭素系無機物質が

太陽光を吸収して変換、従来繊維と比べて約5℃の暖かさを実現する

HEAT navi機能を搭載しているのでおすすめです。

 

さらに、スローイングの際にボールが滑ることを防ぐために

グリップ性のある手袋を選ぶことがおすすめです。

 

ネックウォーマー

冬のサッカーに最低限揃えたいアイテムの最後はネックウォーマーです。

 

ネックウォーマーは首だけではなく、口元まで隠せる大きさのものがおすすめです。

 

練習場や試合会場までの移動の間はなるべく口元まで隠して暖かくして出かけたいですよね。

ウォーミングアップの時に首まで下ろして使用することで寒さ対策になります。

 


経験者が語る!冬のサッカー練習でおすすめは?

参照元:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/
経験者の意見ですがサッカー場はとても広いので、

寒い冬の季節には強い北風が勢いよく吹き荒れるため日中生活している以上に寒さを感じます。

 

そんな寒さの中でサッカーをやるのはけっこうきついです。

 

そこで私がサッカー練習をする際に愛用したのが貼るホッカイロです。

 

インナーシャツの上にホッカイロを貼り、

その上からプラクティスシャツを着て、

中綿ウォーマースーツを着ることで練習場に着くまでの間に

体の中はぽかぽかになります。

 

そのうちにある程度ウォーミングアップをすれば

寒さはだいぶ和らげることができました。

 

中綿ウォーマースーツは保温した熱を閉じ込めてくれるので、

ホッカイロの熱を体中に充満させてくれる役割を担ったというわけです。

 

冒頭でも書きましたが、体の冷えは怪我のリスクにつながりますので極力体を温めた状態で練習に入ることをおすすめします。

 


冬に最適な体が温まる食事とは・・

寒い冬の時期は体を温めようとして脂肪の燃焼率が高くなります。

 

冬の寒い時期に体を絞り、太りづらい体を作ることも必要ですが、

手足の末端が冷えていると燃焼率が下がるので、

末端を冷やさないように手袋など出来る限り暖かい服装で

サッカーをすることが重要とされています。

 

そこで冷え性を予防・改善するような体を温める食事での

トレーニングが注目されています。

 

その最たる食材が生姜です。

 

生姜は生で使うと体を冷やす働きがあり、

乾燥させたり火を通すことで体を暖める働きがでます。

 

スライスした生姜を味噌汁に入れたり、

豚の生姜焼きなどにしてお子さんに食べさせることで体を温め、

免疫力をあげる効果に繋がりますので、

是非参考にしてみてください。

 


ママやパパにおすすめ!冬のサッカーの応援はこれ!

お子さんのサッカー観戦は楽しみですが、

見ている側は選手と違って全く動かないので寒さは本当に厳しいものがあります。

 

そこで冬のサッカー観戦におすすめのアイテムやおしゃれな防寒ウェアを幾つか紹介します。

ベンチコート

こちらのベンチコートは、人気フットサルブランドである

LUZ e SOMBRAのベンチコートで、

お父さんお母さん世代にも人気の高いブランドベンチコートです。

 

中綿素材で保温性が高く、

デザインもとてもおしゃれなベンチコートです。

 

中綿ジャケット

【スボルメ 中綿ジャージジップパーカー】173-44001

こちらの中綿ジャケットは、

女性に人気のサッカーフットサルブランドのスボルメから

発売されているフード付き中綿ジャケットです。

 

女性におすすめのかわいらしいデザインが特徴で

フードもあり防寒対策としても抜群の効果を発揮する

お母さんにおすすめの中綿ジャケットです。

 

充電式カイロ

こちらの携帯カイロは充電式で、

スマホでお子さんの試合をビデオ撮影していて充電が

切れそうになってもこのカイロがバッテリーとして

活躍するおすすめのアイテムです。

 

68gととても軽量で、

最大3時間使えるので暖かくして試合を観戦することができます。

 

災害時などいろいろな場面で使えますので一つあると便利ですよ。

 

 

この記事を読んだ方は他にもこんな記事を見ています

<関連記事>

キッズ用サッカートレーニングシューズのおすすめ!スパイクとの違いや選び方も紹介

子供のサッカーの練習メニュー!素人でもできるおすすめの練習方法とは?

子供のサッカーの練習におすすめの方法!始める年齢やクラブチームは?

サッカー日本代表ユニフォーム!歴代の人気モデルや機能性も紹介!

 

 


まとめ

冬にサッカーをするお子さんの防寒対策を中心に紹介してきました。

 

寒いから練習に行きたくないと言わないように、

まずは十分に防寒をし、体内の熱を外に逃がさないように

十分に保温した状態で練習場や試合会場に着くことが大事です。

 

そしてできれば毎日の食事の中から体を温めるトレーニングを

していくことで寒さ対策をすることがベストです。

 

親御さんも一緒のブランドで統一するなどおしゃれも楽しみながらサッカーを続けてください!

 

以上、「サッカーで冬の服装はどうする?経験者が教える子供の練習着や防寒グッズを紹介」でした。

スポンサードリンク