御朱印が人気です!

和の文化がブームで御朱印ガールという

言葉もあるほど。

 

ではなぜ「御朱印」なのでしょうか?

どこに魅力があるのでしょうか?

いまから御朱印集めをするにはどうしたら?

 

マナーや注意点を含め、

御朱印に関する「???」を解説していきます。

スポンサードリンク

 


御朱印集めを趣味にする人が急増!人気の理由と魅力は?

出典元:https://www.irasutoya.com/
 

ブーム・人気の火付け役はやはり女子ですね。

女性は直感や感性に優れていて、

女性が見えないものに価値を見出しているのです。

 

見えないものとは何か?

それは神様・神事・エネルギー・パワー、

といったものです。

 

ですから御朱印があるとそこには、

自分が旅した思い出があり・・・

自分だけの道のりの証があり・・・

 

そのときの神聖な気持ちや、

楽しかった体験が思い起こされます。

 

自分の御朱印帳は、

神聖なエネルギーが流れる

自分だけのオリジナルのお守りのような存在になるのです。

 

そしてその土地や場所で

神さまとのご縁がもてた証として、

それがあることで

元気やしあわせ感や安心感が得られるのですね。

 

「自分だけの」というのも一番の魅力であり、

その墨で書かれた書体、

御朱印帳の最近のかわいらしいデザインの数々、

それらも人気の理由なのではないでしょうか。

 

それではそもそも御朱印とはなんなのか?

それを解説します。

スポンサードリンク


御朱印とは?由来や意味を解説!

出典元:https://www.pakutaso.com/
 

御朱印とは神社などにおいて、

参拝者に対して押される印章です。

 

そこには押印のほか、

日付・神社名・御祭神などが、

墨で書かれているのが多いです。

 

御朱印を押す帳面を御朱印帳と言います。

 

御朱印は神社やお寺に写経を収めたときの

受領印であったというのが起源であり由来

のようです。

 

写経をそこに収めたことを意味するのが御朱印です。

 

これが後々の風習として、

参拝した証しとして御朱印を押してもらう

ことになったとのことです。

 

いまでは神社ではなく、

デパートやショッピングビルでも、

さまざまな御朱印帳が販売されていて、

とても身近なものになっています。

 


御朱印集めを趣味に!始め方はどうすれば?

出典元:https://www.pakutaso.com/
 

御朱印をもらうためには御朱印帳が

必要です。

 

文具店・通販でも購入できますし、

神社やお寺にも準備があり、

そこで授与して頂くこともできます。

 

自分の気に入ったデザインのものを選ぶのも、

楽しいでしょうし、

訪れた神社・お寺のものにすることに

こだわる人もいます。

 

御朱印ブームもあり、

神社・お寺がオリジナルの御朱印帳

用意しているところも増えてきています。

 

 

御朱印帳には2種類あり、

蛇腹(じゃばら)和綴じ(わとじ)というものです。

 

蛇腹式

 

和綴じ式

 

蛇腹は折りたたみ式のアコーデオンのようなもの、

和綴じは一般的な本のようなものです。

蛇腹の方が人気で主流のようです。

 

御朱印帳のことを知って頂けたら、

まずは参拝です。

 

希望の寺社を訪れ、参拝し、

そして御朱印を頂きましょう。

 

あなたの記念すべき最初の御朱印ですね。

 

 


御朱印集めをする時のマナーや注意点は?

出典元:https://www.pakutaso.com/
 

御朱印はあくまで参拝したことの証です。

参拝せずにスタンプだけを集めるような

行為はマナー違反です。

 

また御朱印帳を神社と寺院で

一緒にもらってもよいのか?

 

ほとんどの寺社では問題ないとのことですが、

ごくまれに1冊の御朱印帳では断られる場合も。

トラブル防止で神社と寺院をあらかじめ

別の御朱印帳に分ける人も多いようです。

 

そして御朱印は社務所・授与所でもらえます。

神職さん・巫女さんに

「御朱印をお願いします」と声をかけると

よいでしょう。

 

お願いをしてから受け取るまでは

指示に従ってお待ちください。

 

神社によってそのときに書き手がいなくて

書き置きのものを頂く場合もあります。

そのときはそれを御朱印帳に貼ると良いです。

 

まれにタイミングが合わず御朱印が

頂けない場合もあり、

その時はご縁がなかったとし、

また次回をお待ちください。

 

昼食時(12~13時)や

夕方以降(16、17時以降)は、

留守のこともあり避けた方がよいでしょう

 

御朱印のお代(初穂料)は300円の場所が

多いです。

場所によって違いがありますから、

そこの寺社に従ってください。

金額提示がない場合は尋ねてください。

 

御朱印をもらったら初穂料を支払います。

対応してくださった神職さん・巫女さんに

お礼をいい、

その神社の神様へのお礼の気持ちも込めて

ありがたく受け取ってください。

 

御朱印はひとつひとつ

書き手によって筆跡が違います。

 

思っていたのと違うとか、

そういうものではありません。

 

あなただけにそのときに得られた「ご縁」です。

そのご縁を大切にしましょう。

 


ご朱印集めを趣味にする芸能人も急増!?

出典元:https://www.pakutaso.com/
 

御朱印集めがブームになったのも、

芸能人の方がテレビやSNSで紹介した

影響も大きいです。

 

篠原ともえさん、中川翔子さん、森公美子さんも、

SNSで発信していますね。

 

神社めぐりをしている様子も楽しそうですが、

やはり御朱印の写真に惹かれます。

墨で書かれた世界に一つだけのものです。

なにか迫力を感じませんか?

 

これが手元に合って、

ふとページを開いたら、

何か元気が出たり勇気が湧いたり、

ほっとしたりするのでしょうね。

 


御朱印集めを趣味にすることで・・

さて今回は御朱印について解説しました。

 

寺社にお参りにいくのは、

それだけでも神聖な気持ちになれますよね

 

そこで頂ける御朱印という証には、

自分が参拝したときの思いが

そのまま映されるのではないかと思います。

 

日常いろいろな悩み等があったりしても、

ふと御朱印帳をひらくと、

また初心に帰れて一歩踏み出せる・・・

そんな想いにさせてくれるのが

御朱印なのかもしれません。

それを趣味にして楽しんでみるのは

素晴らしいことです。

 

神さま・仏様は神聖なものではありますが

ギュウギュウに堅苦しいものではありません。

 

マナーは守ったうえで、

神社めぐり・お寺めぐりを楽しみたいですね。

 

御朱印をまだもらったことがない人も、

「集めなくちゃ」なんてことはなくて、

一度証しとして手にしてみたらいかがですか?

 

あなたが何か嬉しいような落ち着くような

そんな気持ちになるようでしたら、

それは御朱印の「見えないパワー」かもしれませんよ。

 

以上、「御朱印集めを趣味に!人気の理由と魅力や始め方、マナーや注意点とは?」でした。

スポンサードリンク