スポンサードリンク

新年度を迎える4月。

入学、入社、引っ越しなどで

新しい環境に変わるという方も大勢いると思います。

 

新しい環境に不安な気持ちがありながらも

頑張るぞ!という気持ちで、駆け抜けた4月。

そして5月、ゴールデンウィークを迎え

少し落ち着いた頃に忍び寄る厄介なものが

『5月病』と呼ばれるものです!

 

中には、そんなもの気持ちの持ちようだと

片付ける人もいるでしょうが、実はれっきとした

病気の可能性も潜んでいるのです!

スポンサードリンク

症状としては

  • 学校や仕事に対してやる気が出ない
  • 疲れが取れない気がする
  • なんだかわからないが不安な気持ちにかられる

新生活が始まり、5月ごろにこれらの症状が現れると

5月病の可能性が大です!

しっかりと原因を探り対策を取らないと

その先にある『うつ病』や『不安障害』

などといった怖い病気が待っています!

 

まずはあなたが5月病に当てはまるのか

チェックしていきましょう。

 

もしかして5月病!?症状は?

  1. 学校(会社)に行きたくない
  2. 夜、よく眠れない
  3. 朝、なかなか起きれない
  4. 髪型や化粧、服装など身だしなみに気が回らない
  5. 食欲がない
  6. めまいや動悸がする
  7. イライラしたり焦ったりする
  8. マイナス思考になる
  9. 人に会うのが面倒臭い

これらにいくつか当てはまる方は

要注意です。

半分以上当てはまる方は

今すぐ対策をしたほうがいいでしょう!

スポンサードリンク

 

もしかして5月病!?対策方は?

対策は決して難しいものではありません。

いや、5月病の症状に悩まされている方は

それすらも億劫になるかもしれませんが

重い腰を上げて5月病と戦いましょう!

  • 休日でも規則正しい生活を送る(早寝、早起き)
  • のんびりお風呂に入る(可能であれば温泉などおすすめ)
  • 体を動かして汗をかく
  • 正直に症状を人に話す
  • 簡単にクリアできる新しい目標を立てる
  • 元気の出るような音楽を聴いたり映画を見たりする

 

できそうで意外とできてなかったりしませんか?

 

意識してこのような行動をとることで

自然とストレスの解消につながり他のことにも

また意欲が湧いてくると思いますよ。

 

まとめ

『五月病』と聞くとそこまで深刻なものではないように

聞こえるかもしれませんが、初めにも書いたように

『うつ病』などにつながる可能性もある怖いものです。

 

そういった精神疾患に最も大事なものは実は『睡眠』

なのです。

規則正しい睡眠時間で昼間はなるべく太陽の光を浴びる。

こうすることで自然と体内時計も整えられ、

また夜になると寝つきが良くなり良いサイクルが出来上がります。

 

庭やベランダでこんな日光浴はいかがですか?

ちょっとした南国気分になりますよ!

 

 

 

さらに休日でも朝、少し早く起きてゆっくり散歩なんて

いいんじゃないでしょうか。

 

忙しい毎日の中であえてそんな時間をとることが

本当に大事なのかもしれませんね!

スポンサードリンク