スポンサードリンク

今や野球と1位2位を争う人気のスポーツのサッカー!

特にジュニア世代のサッカー界は盛り上がりを見せています。

 

ワールドカップの影響もあり、

子供をサッカーチームに入れたい、

子供がサッカーチームに入りたいと希望

しているご家庭も多いはず。

 

サッカーをするためにまず用意して

おきたいのがサッカー用の靴ですよね。

 

しかしネットで調べてみると

「トレーニングシューズ」「スパイク」

という違う言葉が出てくることで、

何が違うのかが気になり調べてみたら納得

の理由が隠されていました。

 

そこで今回はトレーニングシューズと

スパイクの違いや選び方、

キッズ用サッカートレーニングシューズの

おすすめをご紹介していきたいと思います

スポンサードリンク

 


トレーニングシューズって何?スパイクとの違いは?

参照元:https://www.pinterest.jp/
サッカー用の靴は大きく分けて

トレーニングシューズとスパイクの2種類

があります。

 

まずトレーニングシューズは分かりやすく

言うと通常の運動靴とスパイクの中間的な

もので、スパイクとの一番の違いは

靴底の形状にあります。

 

スパイクの特徴・メリット・デメリット

スパイクの靴底にはスタッドと呼ばれる

突起物が付いており、

人工芝用、天然芝用、土用など様々な種類

がありますが、

小学校の校庭などではグラウンドが

傷んでしまうので基本的に使用禁止に

されていることが多いです。

 

スパイクのメリット

非常に滑りにくく、急なストップや

ダッシュ、方向転換などを行う際に

威力を発揮する点にあります。

 

スパイクのデメリット

急なストップやターンにより、足首や

膝などへの負担が大きくなる点があげられます。

 

 

トレーニングシューズの特徴・メリット・デメリット

参照元:https://www.pinterest.jp/
 

トレーニングシューズの靴底には

小さめの凹凸が多数散りばめられ、

スパイクほどのグリップ力はありませんが

固い土のグラウンド・人工芝・天然芝、

小学校の校庭と、どこでも対応できる点が

特徴です。

 

トレーニングシューズのメリット

スパイクと違って足裏全体で地面を捉える

ことで衝撃による足首や膝への負担が少なく、ケガを防止する点にあります。

 

トレーニングシューズのデメリット

グリップ力に劣るため、滑りやすく、

凹凸が小さいため比較的すぐに擦り減って

しまい、耐久性が低いという点があげられます。

 

 

以上を少しまとめてみると、スパイクは

グリップ力が強く、ストップやダッシュ、

ターンといった技術面のサポートには

優れていますが、反面、衝撃を受けやすい

ためジュニア年代にはケガにつながりやすい。

 

トレーニングシューズはグリップ力が

弱い半面、足裏全体で地面を捉えることが

できるため、足への負担は軽く、

ケガにつながりにくい。

 

このような点を踏まえ、更にスパイクは

小学校の校庭で使用できないことから

考えると、

これからサッカーを始めようとしている

子供達には、トレーニングシューズを

選ぶべきということになります。

スポンサードリンク

 


初めてのトレーニングシューズの選び方のポイントは?

参照元:https://www.pinterest.jp/
 

トレーニングシューズとスパイクの違いが

わかったところで、実際にどのような

トレーニングシューズを選べばよいのかを

ご紹介していきます。

ポイントは①サイズ感、②素材です。

 

①サイズ感

子供の足に合うトレーニングシューズを

選ぶことは当然ですが、

各メーカーによってサイズ感が小さめ、

大きめと違いがある場合があります。

 

当然のことではありますが実際に履いて

みて子供の足のサイズにあった

トレーニングシューズを選ぶことをおすすめします。

 

サイズ選びで大事なポイントはまず踵に

ピッタリと合わせてからつま先部分を

触ってみましょう。

足指が動くくらいがちょうど良いサイズと言えます。

 

よく、子供の足はすぐに大きくなるので

大きめのトレーニングシューズを購入

されるご家庭を見かけますが、

これは一番NGな選び方です。

 

その理由は、つま先が空きすぎている結果

ボールを蹴る際に自分の感覚より

トレーニングシューズのつま先が下に向き

地面を蹴ってしまうことにつながります。

 

そして地面を蹴ることを避けるため、

無理なキックフォームになってしまい、

その結果として正しくないキックフォーム

を身につけてしまう危険性があります。

 

②素材

トレーニングシューズの素材には主に

人工皮革・カンガルーレザー・天然皮革

採用されています。

それぞれの特徴は次のとおりです。

 

<人工皮革>

メリット:天然皮革やカンガルーレザーに

比べて価格が安い、手入れが簡単で水や

キズにも強く耐久性に優れている

 

デメリット:革が硬いため、足に馴染みにくい

 

<カンガルーレザー・天然皮革>

メリット:革が非常に柔らかく、どんな

人の足にもピッタリと馴染む

 

デメリット:人工皮革に比べて価格が高く

雨やキズに弱いため耐久性に難点があります

 


おすすめキッズ用トレーニングシューズを紹介!

それではここからは実際におすすめの商品

をいくつかご紹介します!

 

adidas サッカートレーニングシューズMESSI 17FW

素材:アッパー/合成皮革・合成繊維

アウトソール/合成底

カラー:ランニングホワイト/レジェンドインクF17

エナジーブルーS17

サイズ:17cm~24.5cm

 

アジリティ(俊敏さ)に特化した

アディダスのトレーニングシューズで、

足首から踵にかけて後足部全体を頑丈に

固定、PU加工された合成繊維アッパーが

素足のようにボールの感触を直接伝えます。

 

バルセロナのメッシモデルとして人気が

あります。

 

NIKE マーキュリアルXビクトリー

素材:アッパー/人工皮革

アウトロール/ゴム底

カラー:ブルーオービット/ホワイト/ブルーオービット/アーモリーネイビー/ボルト/ボルト

サイズ:21.5cm~23.5cm

 

ナイキから発売されたマーキュリアルXビクトリーは、

エンボス加工したうね模様を組み合わせ、

優れたフイット感、ボールタッチを実現します。

 

ハイカットなシューズのため、足首まで

完全ガートされたトレーニングシューズです。

 

ブラジル代表のネイマールモデルとして

多くの支持を得ています。

 

ミズノ イグニタス 4 Jr AS P1GE173203

素材:人工皮革

アウトソール/ゴム底

カラー:ネイビー/シルバー

サイズ:19cm~24cm

 

日本代表として活躍した本田圭佑モデル

ミズノから発売されたイグニスタシリーズです。

 

キック力を協力にサポートするこの

イグニスタは人工皮革のアウトソールで

耐久性に優れたトレーニングシューズです。

 

 

この記事をご覧になった方には

こちらの記事もおすすめです。

<関連記事>

子供のサッカーの練習メニュー!素人でもできるおすすめの練習方法とは?

子供のサッカーの練習におすすめの方法!始める年齢やクラブチームは?

サッカー福袋!ジュニア用で人気の商品は?2018年版の中身や価格を紹介!

ロシアワールドカップ2018のイケメン選手や監督を紹介!恋愛情報や年棒、性格は?

 

 

サッカー用の靴としてはスパイクと

トレーニングシューズの2種類がありますが

スパイクはグリッド性が強いことから、

ある程度体ができあがってくる

小学校3年生ぐらいからがおすすめです。

 

それまでのジュニア年代は

トレーニングシューズを活用し、技術を

磨いて体ができてからスパイクを

使い始めることがサッカー界の

所謂セオリーとされています。

 

成長期のジュニア年代では、ケガの予防を

最優先し、選手の足に合った

トレーニングシューズで技術を磨いてみていかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、「キッズ用サッカートレーニングシューズのおすすめ!スパイクとの違いや選び方も紹介」でした

スポンサードリンク