スポンサードリンク

アウトドア好きには憧れのキャンピングカー!

でも購入となるとけっこうハードル高いですよね。

そこで便利なのがキャンピングカーの

レンタルです。

 

そうです!キャンピングカーはレンタルできるのです!

 

しかし、キャンピングカーをレンタルする

機会はそうそう無いので値段はどれくらい

なのか、どんな車種がおすすめなのか

わからない方が多いと思います。

 

そこで今回はキャンピングカーをレンタル

する値段の相場はいくらぐらいなのか、

そしておすすめの車種について詳しくご紹介させていただき

たいと思います。

スポンサードリンク

 


キャンピングカーをレンタル!どんな車種が?

出典;https://abc-auto.co.jp/
 

それではキャンピングカーにはどんな

車種があるのでしょうか?

 

たくさんの種類があるのですが

今回はその中でも主要な3つのタイプを

ご紹介します。

 

スタンダードクラス

その名の通り標準的な大きさのキャンピングカーです。

キャンピングカーと言われて想像するあれです。

トラックをベースにして作られていて乗車定員7名、

就寝定員4〜6名となっています。

 

メリット:しっかりとした大きさなので

長旅も問題なし!

 

デメリット:乗用車に比べてやはり大きい

ので運転に自信のない方には

少し不安があるかも

出典:http://rentacampingcar.jp/

コンパクトクラス

スタンダードクラスに比べ、少し小ぶりなタイプ。

同じくトラックベースで乗車定員は7名、

就寝定員は4名です。

 

メリット:スタンダードに比べ運転の取り回しが楽。

しっかりとした大きさも

あるので長旅もOK!

 

デメリット:居室スペースが少し狭いので

定員一杯で就寝する場合は

座席を倒すなどベッドを

設置する作業が必要

出典:http://rentacampingcar.jp/
 

バンコンクラス

ハイエースなど既存のバンの内装や

屋根部分のみを改造したタイプの車種です

乗車定員は7名、就寝定員は4名と

なっています。

 

メリット:主に内装を改造したタイプです

ので車のボディーサイズはほぼ

元のままなので運転や駐車が楽

 

デメリット:就寝時は自分でベッドを設置

する必要があり。

他タイプに比べ、少し簡易的

出典:http://rentacampingcar.jp/
 

かなりざっくりとした説明ですが、

代表的な3タイプをご紹介しました。

スポンサードリンク

 

 


キャンピングカー!車種別でレンタルの値段の相場は?

出典;http://pictkan.com
 

それでは気になるキャンピングカーの

レンタルの値段の相場についてです。

 

今回は先ほどご紹介させていただいた車種

の値段をご紹介していくので、

レンタルするときはこれらを参考にしてください。

 

ちなみにこれから紹介する値段は

ナッツのレンタルキャンピングカー

さんからの情報となります。

 

スタンダードクラス

平日:19,440円(税込)

金・土・日・祝日:27,000円(税込)

ハイシーズン:32,400円(税込)

 

コンパクトクラス

平日:16,200円(税込)

金・土・日・祝日:21,600円(税込)

ハイシーズン:27,000円(税込)

 

バンコンクラス

平日:16,200円(税込)

金・土・日・祝日:21,600円(税込)

ハイシーズン:27,000円(税込)

 

ちなみに全て丸1日のレンタル料金です。

例えば1泊2日でレンタルする場合、

1日料金➕半日分と言った場合があります

がレンタルされるお店にもよりますので

要確認です。

 

 


キャンピングカーをレンタル!車内の備品も値段に含まれる?

「キャンピングカー フリー画像」の画像検索結果
出典;http://www.irasutoya.com
 

キャンピングカーはレンタルするとき希望

によって備品を付けることもできるようです。

いわゆるオプションですね。

 

備品の中には追加料金がかかるものや、

無料のものなどさまざまなのでこれから

いくつかご紹介していきます。

 

 

・BBQセット:1080円

・ポータブルトイレ:1,080円

・タイヤチェーン:1,080円

・カーナビ:無料

・湯沸かしポット:無料

・道の駅MAP:無料

・装備品取扱説明書:無料

・ペット同伴車:無料

・喫煙車:無料

 

ほとんどのものが無料のようですね。

 

料金がかかるものも1,000円程度と

なっているので金銭的にもそこまで

負担とならないようです。

 

せっかくみんなで外出するのですから

BBQセットなんかを借りて楽しむのは

如何でしょうか?

 

 


キャンピングカーをレンタルしたら持ち込みたい!おすすめアイテムは?

「寝袋 フリー画像」の画像検索結果
出典:http://01.gatag.net
 

キャンピングカーをレンタルしたら

あとは荷物を積み込んで出発です!

ここからは車中泊におすすめな

便利アイテムを幾つかご紹介します。

 

フリースブランケット

まず、あると重宝するのはブランケットです。

 

こちらのブランケットはフリース素材な

ためとても柔らかく肌触りがよいです。

 

移動中ならひざ掛けにも使えますし

寝袋の中に敷いたりタオルケット代わり

や毛布としてもOKです。

 

専用バッグ付きでコンパクトに収める

こともできるので

持っていくのも非常に簡単です。

 

 

コクーン テリータオルライト

キャンピングカーでの旅で意外と困るのが

水遊びやお風呂で使ったタオルです。

 

洋服はまとめて持って帰って洗濯機にポン

ですが、タオルは何枚もあるとすごく

かさばりますし、

かと言って濡れたタオルを使い回すのは

衛生的にも気分的にもよくありませんね。

 

 

そこでこちらのタオルを持っていくことを

おすすめします。

 

このタオルはオーストリアの

人気アウトドアブランドの「コクーン」社

のもので非常に吸水性が高く、さらに

速乾性があるためサッと洗って干しておけば

衛生的に何度も使えます。

 

 

封筒型シュラフ

キャンピングカーの旅でもっとも大事と

言っても良いのが『寝具』です。

 

せっかくの旅行ですしぐっすり寝て明日に

備えたいところですが車中泊は

かなり温度調節が難しいです。

 

寒くて寝れなかったなんてことになったら

もう最悪ですよね。

ですがこちらの寝袋はなんと最大-4℃まで

対応しているほど保温性に優れています。

 

また、収納袋も付いているので持ち運びを

するのにも簡単で便利です。

 

 

スノーブラシ スクレーバー

こちらはスキーやスノーボードなど雪の

地域に行く方には欠かせないアイテムです。

 

意外と忘れがちなのですが、雪が積もって

しまったときに雪下ろしが出来るものが

無いと大変なことになります。

 

窓に積もった雪がワイパーでは落とせない

場合があるので、冬に雪が降る地域に行く

ときは車用の雪下ろしを忘れないように

しましょう。

 

 

コールマン ランタン

夜にキャンピングカー内で過ごすときに

灯りが無いと困りますよね。

 

車内のランプでも良いのですが、ずっと

つけっぱなしにしているとバッテリーが

上がってしまう恐れがあります。

 

そこでこちらのランタンがおすすめです。

 

こちらのランタンは人気アウトドアブランドのコールマンのもので

優しい光をしているのが特徴です。

 

柔らかな光でキャンプの夜の

雰囲気がぐっとよくなりますよ。

 

 

 

この記事をご覧になった方には

こちらの記事もおすすめです。

<関連記事>

グランピングを関東で!宿泊できるおすすめ施設の料金や持ち物、システムは?

グランピングを関西で!日帰りで行ける初心者におすすめのスポットを紹介

 

 

今回ご紹介したキャンピングカーの

レンタル情報はほんの一例です。

もちろん店舗や車種によっても値段が

変わりますしお近くのお店に

問い合わせてみてください。

 

ハードルが高そうなキャンピングカー

ですが意外と気軽にレンタルできますし

ホテルに泊まるよりも安くつく場合も

多いです。

 

良い思い出にもなりますしぜひご利用してみてください!

 

以上、「キャンピングカーをレンタルする

値段の相場は?

車種やおすすめの持ち物も紹介」でした。

スポンサードリンク