スポンサードリンク

「78対22の法則」って聞いたことありますか?

 

また、経済や金融、化学、芸能など様々な

分野で活躍する人物の多くがユダヤ人

ということをご存知でしょうか?

 

そのすばらしい功績を支えているのが

78対22の法則であり、

ユダヤの法則と呼ばれています。

 

そんな78対22の法則が気になり、

調べてみると驚くことに私達の身近にも

たくさんユダヤの法則が隠されていること

に気が付きました。

 

今回はその78対22の法則とはどのような

ものか、また仕事や恋愛にもどのように

応用していけるのかをご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

 

 


78対22の法則とは?

出典:https://www.pinterest.jp/
 

  • 地球における大気の窒素とそれ以外の気体の比率
  • 地球における海と陸地の比率
  • 人間の身体における水分とその他の物質の比率

これらすべての比率が78対22の割合で構成されています。

そしてこの78対22の法則を様々な分野に

用いて成功を収めているのがユダヤ人といわれています。

 

そこから78対22の法則は

「ユダヤの法則」「黄金の法則」

などと呼ばれるようになったわけです。

 

では実際に成功を収めたユダヤ人は

どのような人達でしょうか?

出典:https://www.pinterest.jp/

  • スティーブンスピルバーグ(映画監督)
  • ロスチャイルド家(金融企業家)
  • アインシュタイン(科学者)
  • リーバイ・ストラウス(リーバイス創業者)
  • ファン・ノイマン(コンピューター発明者)
  • カール・マルクス(経済学者)

他にもたくさんの成功を収めたユダヤ人がいます。

世界の億万長者のおよそ15%、

ノーベル賞受賞者のおよそ21%を

ユダヤ人が占めているということですから、

この78対22のユダヤの法則は紛れもなく

偶然ではないことがわかります。

スポンサードリンク

 


78対22の法則!世界にたくさんある実例を紹介!

この78対22の法則、

実はみなさんの知らないところにたくさんあるんです。

 

地球は海の部分が78%、陸が22%

空気は窒素が78%、その他が22%

人間の身体は水分が78%、その他が22%

ここまでは冒頭で触れました。

 

マクドナルドの78対22!

出典:https://www.pinterest.jp/
 

日本マクドナルド創業者の藤田氏も

78対22のユダヤの法則を使って大成功を

収めた人物の一人です。

 

当時、日本人の昼食代が平均して500円、

1コインであることを知った藤田氏は、

そのまま500円ではなく、500円の78%に

あたる390円にすることを思いつきます。

 

これがマクドナルドで大ヒットになった

「39(390円)セット」です。

 

銀行の78対22!

銀行は主に預金を集め、貸し出すことで

利益を得ていますが、その預けたい人と

借りたい人の比率が78対22の状態が

一番利益を得ることができます。

 

コカコーラの78対22!

コカコーラのビンは、縦と横の比率が

78対22になっています。

 

呼吸の78対22!

人間は肺と皮膚から呼吸をしていますが、

肺呼吸と皮膚呼吸の比率は78対22になっています。

 

水分の78対22!

人は水分を汗と呼気という形で外に発しますが、

皮膚から出す汗と呼気で出す水分の比率は

78対22になっています。

 

腸の78対22!

人間の腸には善玉菌と悪玉菌とがありますが、

その比率が78対22の状態が良好な状態です。

そのバランスが少しでもずれると体調を

崩すと言われています。

 

人体の78対22!

もう一つ人体について!

人間の体は水分が78%

それ以外が22%で構成されています。

 

地球の78対22!

地球の表面にもありました。

海の面積が78%

陸地が22%です。

 

資産の78対22!

世界の総資産のうち、一般層が保有

している資産と富裕層が保有している

資産の比率は78対22になっています。

 

 

このように私たちの身近なところには

多くの78対22の法則があることがわかります。

 

他にもたくさんあり、これはただの偶然

では済まされないような気もしませんか?

 

 


78対22の法則を人生成功に繋げるには?

このように78対22のユダヤの法則で

成功を収めた人々に共通する思考は

「22%は達成しなくてもいい。78%の達成でOK。

ある程度の欠陥は、この世のバランスを取るために当然である。」

というものでした。

 

分かりやすく言えば、

「100%を求めてはいけない」

「完璧主義では成功しない」

「78対22のバランスを崩してはいけない」

ということです。

 

出典:https://www.pinterest.jp/
興味深い「アリ」の話を見つけました。

働きアリの集団はみんなで食料を集めて

生活をしていますが、

真面目に食料を集めるアリは全体の78%だそうです。

残りの22%のアリはさぼっているというわけです。

 

そこでさぼっている22%のアリを隔離

すると、まじめに食料を集めていたアリの

22%が新たにさぼるアリとなり、

逆にまじめに食料を集めていたアリの数を

減らすと、さぼっていたアリが働き始める

ということを繰り返すようです。

 

つまり、78対22の比率は維持されるというわけです。

 

自然界でも78対22のバランスが崩れたら

すぐに修復するようになっていることがわかります。

 

 

人間社会でも、

集団が大きくなればなるほど

意見の合わない人も多くなるわけです。

 

しかしそこでそういった人を排除しても

またすぐそのような人は現れます。

 

仕事や恋愛においても人間関係を良好に

構築する上での良いヒントになるはずです。

 

日本人は国民性から完璧を求めがちです。

そして完璧を求めるがゆえに真面目で、

仕事の時間も長くなり、現在でいう

社会的問題にもなっているブラック企業の

出現に繋がるわけです。

 

目標設定も大事ですが、

そこは例えば「100個販売を必ず達成する!」ではなく、

「50~100個を達成する!」というような

目標設定がベストという考えです。

 

また恋愛においても完璧を追求しすぎて

疲弊しきってしまったら何もなりません。

逆に相手に完璧を求めた場合、

それが叶わなかった時は怒りに変わるはずです。

しかし相手に完璧を求めなければ

怒ることもないわけです。

 

78対22のユダヤの法則を仕事や恋愛の

成功に繋げるには、何かをするに際して

目標設定をし、完璧ではなくても78%は

成功するというゆとりを持つことが重要です。

 

そして相手に100%を求めるのではなく、

自分と違うところがあって当たり前、

22%は違うんだという思考を持って

コミュニケーションを図ることで、

友好関係は維持できるはずです。

 

 


「78対22の法則」のまとめ

78対22のユダヤの法則は私たちの

身近にも多数存在していることがわかりました。

 

物事を100%完璧にこなそうとするのでは

なく、78%という程よく成功に近づける

心の余裕が必要であるという事を

言っているような気がします。

 

人間が考えなくても、世の中は自然に

78対22の法則に則って物事が進んでおり

それを無理に覆そうとする精神的ストレスが、余計に悪い方向へ

物事を進めてしまうのかも知れません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

以上、「78対22の法則とは?仕事や恋愛にも応用できる実例や都市伝説も紹介!」でした。

スポンサードリンク