スポンサードリンク

ここ数年、気軽にアウトドアを楽しめる

「グランピング」が注目を集めています。

 

しかしどこのグランピングスポットが良い

のか、またどんな持ち物を持って行ったら

良いのかわからないという方がいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は関東でグランピングができる

おすすめの宿泊施設と、グランピングに

持って行くと良い物をこれからいくつか

ご紹介させていただきたいと思います。

スポンサードリンク

 

 


関東の宿泊できるおすすめグランピングスポットは?

「キャンプ フリー画像」の画像検索結果
出典;https://www.photo-ac.com
 

それではこれから関東で宿泊可能な

おすすめグランピングスポットについて

料金などを詳しくご紹介させていただきたいと思います。

 

 

snow peak glamping 京急観音崎

出典:http://www.kannon-kqh.co.jp/
住所:神奈川県横須賀市走水2-115-2

電話番号:046-841-2525

(予約受付9:00~18:00)

営業時間:チェックイン14:00~、

チェックアウト11:00

定休日:基本的に無し

アクセス:京急線馬堀海岸駅から観音崎行き

バス10分/タクシー7分(馬堀海岸駅から無料

シャトルバスあり)

料金:50000円~(1部屋2名利用、税込)

ホームページはこちら

 

こちらのグランピングスポットの特徴は

なんといっても目の前に広がる東京湾です

 

モバイルハウス内から一望できるその絶景

はとても素晴らしいです。

 

暑い夏も海を見ながらのんびり過ごすこと

ができるのがとても魅力的です。

 

そして料理もホテルのシェフが振舞って

くれる絶品の数々に舌が唸ること間違い

ありません。

 

海を一望しながら絶品の料理を満喫したい

方は是非こちらのグランピングスポットに

足を運んでみてください。

 

 

WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK

出典:http://wildbeach.jp/
 

住所:千葉県木更津市金田東2-10-1

電話番号:070-3669-8480

営業時間:11:00~22:00

(チェックイン12:00~チェックアウト

10:00)

定休日:不定休

アクセス:JR内房線袖ヶ浦駅からバスで

約10分、三井アウトレットパーク木更津

下車から徒歩5分

料金:21384円~(税込)

ホームページはこちら

 

こちらはアメリカを意識して作られた

グランピングスポットです。

 

バーべキューのセットがあらかじめ用意

されており、施設内でバーベキューのため

の食材を注文できるので食料を持ちこむ

必要が無いのが魅力的です。

 

お酒も注文することができるので、お酒を

飲みながらワイワイ騒いだらとても楽しい

と思います。

 

そしてホテルもあるので、昼間騒いで

疲れたらホテルに行ってゆっくり休む

なんてことも出来ます。

 

アメリカをイメージした造りなので、

普段味わえないような空間の中で楽しい

バーベキューをしたいと考えている方に

おすすめのグランピングスポットです。

 

 

PRIVATE GARDEN

出典:http://privategrden.wixsite.com/mysite
住所:千葉県夷隅郡大多喜町新丁

電話番号:070-3192-2371

営業時間:終日

定休日:なし

アクセス:車で圏央道市原鶴舞ICから

約15分

料金:41040円~(税込)

ホームページはこちら

 

こちらのグランピングスポットでは、

テントなどの宿泊施設が備わっていること

はもちろんツリーハウスやブランコなども

備えてあるのでこれぞグランピングと

言える場所です。

 

そしてなんと夏ではプールまで利用可能に

なるので夏の暑さをものともせずに楽しむ

ことが出来ます。

 

バーべ―キューのセットも用意されている

ので食材さえ自分たちで持ち込めば気軽に

バーベキューを楽しめるのも魅力的です。

 

芝生の広がる自然の中をグランピング

できるので自然を感じたいと思う方に

おすすめのグランピングスポットです。

 

 

THE FARM CAMP

出典:http://www.thefarm.jp/
 

住所:千葉県香取市西田部738

電話番号:0478-79-0666

アクセス:東関東大栄ICから20分、

東総道路助沢から15分(千葉交通バス

栗源駅から送迎あり)

料金:1泊2食14364円~

ホームページはこちら

 

こちらのグランピングスポットでは、

FARM』という名前の通り農園がある

のが特徴です。

 

もちろんその農園で収穫体験もすることが

できますので、採れたての野菜を味わえる

自給自足のような体験をすることができ

ます。

 

さらになんとこちらのグランピングスポットには温泉まで備わっています。

昼間騒いで疲れたら夜にこの温泉に入って

昼間の疲れをのんびり癒してみるのは

如何でしょうか。

 

温泉好きな方には是非行ってみて欲しい

グランピングスポットです。

スポンサードリンク

 

 


グランピングで宿泊するのにおすすめの持ち物は?

基本的に様々な物があらかじめ用意されて

いるグランピングスポットですが、

だからといって全くの手ぶらで赴くのは

あとで後悔することになります。

 

そこでグランピングスポットに持ち込んで

おいた方が良い物をいくつかご紹介させて

いただきたいと思います。

 

ネックウォーマーなどの防寒具

グランピングスポットに宿泊するのに

忘れてはいけないのが『防寒具』です。

 

基本的に外で活動するのがグランピング

なので、寒さ対策は必須です。

 

夏場でも夜は冷え込むことはあるので

防寒具は一応持っていきましょう。

 

こちらのネックウォーマーなんかは持って

行ってもあまりかさばらないのでおすすめ

です。

 

汚れてもいい服

グランピングに持っていくと良い物で、

汚れても良い服装があります。

 

そして運動しやすい服もあると

グランピングを思いっきり楽しむことが

できます。

 

 

ついついおしゃれをして行きたくなる

気持ちはわかりますが、

服のことを気にしてグランピングを楽しめ

なかったらもったいないのでジャージや

スウェットなどはおすすめです!

 

 

ランタン(ライト類)

意外とあると便利なものがランタンです。

 

グランピングをしたら夜に外でお酒を

楽しみたいという方もたくさんおられると思います。

 

そんなとき暗い屋外を酔っぱらった状態

で歩き回るのは危険です。

 

足元をしっかり照らしてくれるランタン

などのライト類は忘れないようにしましょう。

 

 

この記事をご覧になった方には

こちらの記事もおすすめです。

<関連記事>

グランピングを関西で!日帰りで行ける初心者におすすめのスポットを紹介

 

 

グランピングスポットは関東にいくつも

あります。

 

今回ご紹介させていただいた宿泊可能な

グランピングスポットに興味を持って

いただけたら是非足を運んでみて

ください。

 

 

本格的なキャンプは自信がないけど

でも大自然の中で過ごしてみたいという方

にはおすすめです!

 

以上、「グランピングを関東で!宿泊できるおすすめ施設の料金や持ち物、システムは?」でした

スポンサードリンク