スポンサードリンク

圧倒的な戦力と選手層を誇り独走で

ペナントを勝ち取った福岡ソフトバンクホークス。

 

投打で他5球団を圧倒した2017年でしたが

2018年のパ・リーグはどのような

ペナントレースを展開するのでしょうか?

 

今回は2018年パ・リーグの開幕カードを

ご紹介し、プロ野球2018年度の

パ・リーグを制するチームはいったい

どこなのか!?

順位予想をしてみたいと思います!

スポンサードリンク

 

 


プロ野球の開幕!2018年のパ・リーグの日程と対戦カードは?

出典:https://www.pinterest.jp/
 

パ・リーグ開幕戦

2018年3月30日(金)

福岡ソフトバンクホークス VS オリックスバファローズ ヤフオクドーム

北海道日本ハムファイターズ VS 埼玉西武ライオンズ 札幌ドーム

千葉ロッテマリーンズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス ZOZOマリンスタジアム

 

試合開始時間は2018年1月に発表されるそうです。

スポンサードリンク

 


プロ野球の開幕!2018年のパ・リーグの順位予想!

それでは6球団の簡単な戦力分析をし、

順位予想をしてみましょう。

 

福岡ソフトバンクホークス

出典:https://www.pinterest.jp/
昨年、2位に13.5ゲーム差という大差を

つけてペナントを制し、日本シリーズでは

横浜を破り日本一に輝きました。

 

2017年度チーム成績

  • 防御率3.22 6球団中1位
  • 守備率.993 6球団中1位
  • 打率.259    6球団中2位
  • 本塁打164  6球団中1位
  • 打点613     6球団中2位
  • 盗塁73         6球団中4位
  • 犠飛31       6球団中2位
  • 犠打156     6球団中1位

福岡ソフトバンクは投打の軸が

しっかりしています。

先発投手では最多勝の東浜を始め、

他に二桁勝利をあげた千賀バンデンハーク

中継ぎは50試合以上に登板した

岩嵜嘉弥真、そして絶対的な守護神

サファテ

攻撃陣では柳田内川デスパイネという

破壊力抜群なクリーンナップを要しています。

 

本塁打だけではなく、犠打もリーグ1位

という大技小技を駆使し、

守備率もリーグ1位の堅守を誇り、

つけいる隙のないチームと言えます。

 

潤沢な資金を誇り、毎年補強にも積極的に

乗り出すあたりも、ここ5年で3度の

リーグ優勝に輝く強さの理由でもあります。

 

3軍制を取り入れており、若手も順調に

育ってきていますので、暫くは

ソフトバンクの強さは続くかもしれません。

 

 

埼玉西武ライオンズ

出典:https://www.pinterest.jp/
 

昨年下馬評を覆して4年ぶりにAクラス入り

する健闘を見せました。

 

2017年度チーム成績

  • 防御率3.53 6球団中3位
  • 守備率.984 6球団中3位
  • 打率.264  6球団中1位
  • 本塁打153  6球団中2位
  • 打点660     6球団中1位
  • 盗塁129     6球団中1位
  • 犠飛45       6球団中1位
  • 犠打93       6球団中6位

元々打線は破壊力があり強力なイメージが

ありましたが、山川の成長により更に

破壊力を増し、2017年はそれに加えて、

エースのが楽天に移籍したにも関わらず

菊池雄星を始め、投手陣の奮起が躍進に

繋がったといえます。

 

更に2016年シーズンにはリーグワーストの

守備率だったのが3位までに改善されたのも

大きかったかもしれません。

 

それでも先発ローテーション候補はいるものの、

まだまだ安定感は無く、更に11勝をあげた

野上が巨人へ移籍したため、

先発投手の補強が必要です。

 

そして中継ぎ陣も心配なのがメジャー移籍

を狙う牧田の動向です。

牧田が移籍した後の中継ぎをどうするかがカギです。

 

2018年に向けた補強ですが、

ウイークポイントをしっかり把握している

ように先発、中継ぎ候補の2外国人投手を

獲得しています。

 

ドラフトでは明治大学の侍ジャパン大学代表左腕の斎藤大将

牧田の後釜と言わんばかりのアンダースロー投手、

與座海人を獲得しています。

攻撃陣は強力なので、投手陣さえ整備

されればソフトバンクの対抗馬に成り得る

チームです。

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

出典:https://www.pinterest.jp/
 

昨季前半は首位を快走するも後半に

落ち込み3位で終ります。

 

2017年度チーム成績

  • 防御率3.33 6球団中2位
  • 守備率.986 6球団中2位
  • 打率.254    6球団中3位
  • 本塁打135  6球団中3位
  • 打点553     6球団中3位
  • 盗塁42       6球団中5位
  • 犠飛22       6球団中6位
  • 犠打105     6球団中3位

 

2017年の楽天は何と言っても則本、岸

2枚看板です。

 

そして岸の加入は自身の成績だけではなく

周囲の選手の成績にも良い影響を

及ぼしたと言えます。

 

その理由はカーブです。

岸と言えば代名詞はカーブですが、

2017年に活躍した辛島、美馬などは

明らかにカーブを有効に投げるようになりました。

 

抑えには信頼できる松井が控えているので

則本・岸・美馬・辛島に次ぐ先発投手の

発掘が急務といえます。

 

攻撃陣はアマダー、ウィーラー、ペゲーロと助っ人大砲がいますが、

長期的には助っ人ばかりに頼らずに

和製大砲を育てる必要があります。

 

2018年に向けた補強ですが、ドラフト1位

で先発候補として岡山商科大学の右腕、

近藤弘樹を、ドラフト2位では慶應の

バレンティンの異名を持つ慶應大学の

岩見雅紀を獲得しています。

 

近いうちに近藤が先発、岩見が4番という

オーダーを見られる日が来るでしょうか?

 

 

オリックスバファローズ

出典:https://www.pinterest.jp
 

強力打線で迎えた2017年シーズン

でしたが、前半の失速が最後まで響きました。

 

2017年度チーム成績

  • 防御率3.83 6球団中5位
  • 守備率.986 6球団中3位
  • 打率.251    6球団中4位
  • 本塁打127  6球団中4位
  • 打点519     6球団中4位
  • 盗塁33       6球団中6位
  • 犠飛26       6球団中4位(ロッテと同数)
  • 犠打149     6球団中2位

 

T岡田、吉田、中島、ロメロ、マレーロ、小谷野

好打者が揃うオリックスですが、

毎年故障者が出てなかなかフル

メンバーで戦うことができないのが、

上位に食い込めない理由と言えます。

 

セ・リーグで言うヤクルトに似ています。

 

先発陣は2桁勝ったのが金子のみで、

中継ぎも安定感に欠けますが、

抑えの平野は期待通りの働きができている

ので、先発陣が踏ん張れば上位も狙えたはずです。

 

2018年は平野がメジャー挑戦を表明

しているので、まずは抑えの穴埋めが急務です。

 

そこで北海道日本ハムから抑えの増井

獲得したことで抑えの問題はクリアされました。

 

ドラフトでは西武と強豪の末、

社会人ナンバーワン投手田嶋大樹を獲得、

先発ローテーションに入ることができれば

上位を狙える戦力が整います。

 

 

北海道日本ハムファイターズ

出典:https://www.pinterest.jp/
 

ペナントレース前はソフトバンクの対抗馬

とされていましたが、大谷の離脱が響き5位。

 

2017年度チーム成績

  • 防御率3.82 6球団中4位
  • 守備率.984 6球団中3位
  • 打率.242    6球団中5位
  • 本塁打108  6球団中5位
  • 打点482     6球団中5位
  • 盗塁86       6球団中2位
  • 犠飛28       6球団中3位
  • 犠打103     6球団中4位

 

2017年の日本ハムの不調は打線そのもの

の不調と、大谷の故障が最大の要因でした

 

打線の一番の誤算は中田、レアードです。

中田に関しては打率が規定打席到達者の

中で最下位、レアードも32本の本塁打を

記録しますが打率.229と低迷。

 

そんな中でも巨人から移籍した大田の活躍

近藤が安打製造機化したことなど、

好材料も見つかりました。

 

先発投手は2桁勝利が有原のみ、その他の

投手は軒並み優勝した昨年のような活躍が

できずに崩壊しました。

 

2018年に向けて、メジャーに移籍する

大谷の穴を誰が埋めるのか、

オリックスへ移籍した守護神・増井の穴は

誰が埋めるのか、

この2点が補強ポイントと言えます。

 

まず先発候補としてマイナーで

通算126試合に先発しているブライアン・ロドリゲスを獲得しました。

 

捕手はソフトバンクから出戻りという形で

鶴岡を迎え入れ何といってもドラフト1位

では超高校級スラッガー清宮幸太郎を獲得

2位では中継ぎ候補として即戦力右腕の

西村天裕を獲得しました。

 

若手育成には定評がある日本ハムですから

大谷が抜けても大丈夫な予感がします。

 

 

千葉ロッテマリーンズ

出典:https://www.pinterest.jp/
 

開幕から故障者が続出し、

主砲のデスパイネがソフトバンクへ

移籍したことも大きく響きました。

 

2017年度チーム成績

  • 防御率4.22 6球団中6位
  • 守備率.984 6球団中3位
  • 打率.233    6球団中6位
  • 本塁打95    6球団中6位
  • 打点455     6球団中6位
  • 盗塁78       6球団中3位
  • 犠飛26       6球団中4位
  • 犠打98       6球団中5位

 

シーズン開幕前に主砲のデスパイネ

ソフトバンクへ移籍、代わりに補強した

ダリー、パタデスが全く打てずに打線は

低空飛行を続けました。

 

フロントも危機感を感じてか途中、

ペーニャを補強して巻き返しをはかります

が時すでに遅し。

 

先発も昨年活躍した石川がわずか3勝、

涌井も5勝とこれではチームが

上昇気流に乗ることはできません。

投打に全く精彩を欠いたシーズンでした。

 

2018年は涌井がメジャー挑戦を宣言

しているため先発投手の補強が必要です。

そして4番を任せられる大砲も欲しい

ところですよね。

 

しかしここまで大きな補強はなく、

ドラフトでは上位5名のうち3名が野手を

指名しており、方向性がわかりません。

 

選手の補強と言うよりも2018年シーズン

は組閣の顔ぶれに注目が集まります。

 

長期にわたった伊東政権から井口新監督

代わり、コーチもソフトバンクから

鳥越、清水両コーチを招聘しているので、

大改革はこれから行われる様子です。

 

 

これら6球団の現状での戦力分析の結果、

予想した順位は次のとおりです。

 

 

優勝 福岡ソフトバンクホークス

2位 埼玉西武ライオンズ

3位 北海道日本ハムファイターズ

4位 オリックスバファローズ

5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

6位 千葉ロッテマリーンズ

 

 


プロ野球の開幕!2018年のパ・リーグの注目チームは?

出典:https://www.pinterest.jp/
 

2018年のパ・リーグは

埼玉西武ライオンズに注目です!

 

2017年シーズンのチーム打率1位、

本塁打は山川が1年故障なく出場

できればソフトバンクを抜いていたでしょう。

 

そして何よりもすごいのが突出した

盗塁数です

 

リーグトップの129の数は2位に43差の

断トツ

しかもこの数字はチームが万全ではない

数字なんです。

 

2016年の盗塁王である金子は故障明け

で90試合の出場で25の盗塁数でした。

もし金子がフル出場していれば50盗塁は

していたはずです。

 

外碕も初めて主力のような出場数だった

ことからも、

2018年の西武のチーム盗塁数は150を

超えることは間違いなさそうです。

 

西武は強力打線だけが売りではなく、

機動力野球も攻撃の売りなんですね。

 

1番 センター 秋山

2番 ショート 源田

3番 キャッチャー 森

4番 ファースト 山川

5番 セカンド 浅村

6番 サード 中村

7番 指名打者 メヒア

8番 ライト 外﨑

9番 レフト 金子

 

そして代打の切り札には栗山と松井稼頭夫

が控えています。

 

相手投手としてみれば、こんな打線は

相手にしたくないですよね。

 

2018年は埼玉西武の超強力打線が

福岡ソフトバンクの連覇を阻止

できるかに注目していきたいと思います。

 

 


プロ野球の開幕!野球観戦に行くならおすすめの持ち物は?

ダウンジャケット・手袋・マフラー・カイロ

球春と言っても3月なのでまだまだ寒い季節です。

 

札幌ドームやヤフオクドームなら良いですが、

ZOZOマリンスタジアムは寒いと

思いますので、

防寒具は忘れないように注意してください。

 

球場はかなり広いので、双眼鏡があれば

選手の表情などが見られて楽しいと思います。

 

特にピンチやチャンスの時のベンチ内の

様子などは見ていて緊張感が伝わってきます。

 

 

ゴミなどが出た場合にすぐ入れられるよう

に準備していると便利です。

更に持っているカバンを入れることで、

周りの人がこぼした飲み物からカバンが

汚れることを防ぐ役割もあります。

 

他にも急な雨や、応援グッズ入れなど

実はかなり使えるのが

この大きいビニール袋です。

観戦通の持ち物ですね!

 

 

この記事をご覧になった方には

こちらの記事もおすすめです。

<関連記事>

プロ野球の開幕!2018年セ・リーグの対戦カードや球場、順位予想は?

プロ野球クライマックスシリーズのルール!アドバンテージとは?

サッカー日本代表!2018年のユニフォームや試合日程、海外組の召集予定は?

コロンビア代表のメンバーや戦術は?注目選手と過去の対戦成績も紹介!

ポーランド代表のメンバーや戦術は?注目選手と過去の対戦成績も紹介!

セネガル代表のメンバーや戦術は?注目選手と過去の対戦成績も紹介!

 

 

投打、層の厚さで圧倒的な強さを

見せつけた福岡ソフトバンクホークス。

 

その福岡ソフトバンクとの差を埋めようと

戦略を練る他5球団ですが、

それぞれ持ち味を存分に出して戦ってほしいですよね。

 

2018年のパ・リーグを制するのは

どの球団なのでしょうか!?

今から開幕が待ちきれません!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、「プロ野球の開幕!2018年パ・リーグの対戦カードや球場、順位予想は?」でした。

スポンサードリンク