暖かくなってくるとお花見でも行きたいなぁ〜と思う人はたくさんいると思います。

でも有名な定番ポイントはいつ行っても人でいっぱいですよね。

小さい子供がいたりすると尚更、ゆっくりお花見はむずかしいものです。

そこで今回は特に南大阪を中心に近所で気軽に行ける

少し控えめなお花見スポットを紹介します。

スポンサードリンク

 

南大阪で家族でお花見するなら『岸和田城』

だんじりの街、岸和田のシンボル的存在の岸和田城。

お城自体は有名ですし、桜の季節には桜まつりも開催され

毎年ある程度の人出はありますが、大阪市内の有名ポイントに比べると

ゆっくりとお花見ができると思います。

夜はライトアップもしていますので夜桜を楽しむのにもいいかもしれません。

 

周辺には数は多くはないですが毎年、露店も出ていますのでお子様も

楽しめるでしょう。

また、岸和田のだんじりの歴史や本物のだんじりを展示している

『岸和田だんじり会館』

ショッピングや食事ができる複合施設の

『岸和田カンカンベイサイドモール』などもあり

お花見と組み合わせて1日中楽しめることもできますよ。

  • <見頃>3月下旬〜4月上旬
  • <桜本数>約170本
  • <トイレ>有
  • <駐車場>有

 

南大阪で家族でお花見するなら『水間寺、水間公園』

岸和田市のお隣、貝塚市にある厄除けで有名な水間寺とその裏手に広がる水間公園

こちらもお寺はとても有名で、初詣などではものすごい人出になります。

それに比べお花見の頃は比較的空いている方だと思います。

夜はライトアップもしていますし、

公園ですので昼間は芝生でお弁当を広げたり、

ゆっくり散歩しながら楽しむには適していると思います。

露店は1軒か2軒ほどしかありませんが、

水間寺に参拝もできますしおすすめです。

  • <見頃>3月下旬〜4月上旬
  • <桜本数>約100本
  • <トイレ>有
  • <駐車場>有

 

南大阪で家族でお花見するなら『永楽ダム』

泉南郡熊取町にある永楽ダムです。

ここは大阪府内でも人気の花見スポットですので

週末などはかなりの人出になると思われます。

周囲約2kmにわたりハイキングコースになっていたり

広場があったり、近くには『永楽ゆめの森公園』という

とても大きな公園がありますので楽しみ方は色々です。

昼間は公園で遊んでからライトアップされた夜桜を楽しむのも

いいと思います。

広い公園でお弁当なんていいですよね!

虫なんかも出てくる季節なので敷物は絶対ですよ!こんな感じのが便利だと思います。

 

 

 


 

  • <見頃>3月下旬〜4月上旬
  • <桜本数>約1000本
  • <トイレ>有
  • <駐車場>有

 

南大阪で家族でお花見するなら『泉の森ホール周辺』

泉佐野市役所に隣接している泉の森ホール周辺もお花見には

最適なスポットです。

二つの池のほとりに約100本の桜の木があり、

並木道状に並んでいて、のんびり歩きながらの鑑賞が

おすすめです。

毎年、満開の頃には『泉の森桜フェスタ』という

イベントも開催され、催し物や物販コーナーもあり

楽しむことができます。

少し足を伸ばせば、りんくうのアウトレットなどもあり

お買い物と組み合わせてみるのもいいかもしれませんね。

  • <見頃>3月下旬〜4月上旬
  • <桜本数>約100本
  • <トイレ>有
  • <駐車場>有

 

スポンサードリンク

南大阪で家族でお花見するなら『山中渓の桜』

阪南市のJR阪和線『山中渓』駅からすぐのところにある

山中川の河川敷に約1000本の桜並木があります。

こちらは駅近のポイントですので電車で行ってみるのも

いいかもしれません。

川の両岸1kmにわたり咲く桜は圧巻です。

夜にはこちらもライトアップされますのでまた昼とは

違った雰囲気が楽しめますよ。

  • <見頃>3月上旬〜4月中旬
  • <桜本数>約1000本
  • <トイレ>有
  • <駐車場>有 ※駅からも近い

 

まとめ

今回はものすごく有名な花見スポットというよりは、

小さなお子様がいても比較的ゆっくりお花見できる

ような少し穴場的なポイントだけを南大阪限定でまとめてみました。

大人数でワイワイお花見もいいですが、家の近くでちょっと

気が向いたらのんびりお花見するのもいいですよね。

毎年、日本人でよかったと思いますねー!

 

スポンサードリンク