スポンサードリンク

サーフィンをするのになくてはならないもの、そしてもっとも重要なもの、それはもちろんサーフボードですよね!

サーフィンを始めてみたいなと思っても周りに経験者でアドバイスをしてくれる人がいない場合なかなかどんなボードを選べばいいのかわからないと思います。

サーフボードと一言でいってもロングボードなのかショートボードなのかそれとも中間のボードにするのか、サイズは?何インチ?何フィート?厚みは?幅は?フィンの枚数は?

・・・さっぱりわかりませんよね?

サーフショップに行けば詳しいスタッフさんがいて色々教えてくれますがまずショップ自体がどこにでもあるようなものではなく近くに見当たらないという方も少なくないと思います。

また、お店はあってもサーフショップほど初めてで入りにくいお店もなかなかないですよね!

なかには知識がないことをいいことに高額なボードやウエットスーツを売りつける悪徳ショップもあると聞きます!

そこでこの記事を読んでいただいて少しの知識を頭に入れて、ボード選びやショップ選びの選択肢を広げてもらえたらなと思います。

スポンサードリンク

1.自分のレベルを知る!

サーフィンは競技としての面もありますが、私はライフスタイルだと思います!つまりやっている本人が楽しんでやることが大事なのです。

なので、背伸びをせず自分のレベルをはっきり認識することが必要です。

全くの初めてならお店でのレンタルボードや知り合いに借りるなどとにかく一度実際に海に入って体験することをおすすめします。最初から購入は考えない方がいいと思います。

何度かサーフィンをして少しボードの上にたてるようになったらいよいよマイボードの購入を考えます!

私の意見は、最初はロングボードから始めるのがいいかと思います。これは本当にいろいろ考え方が分かれるのですが私は経験上そう思います!

ちなみに我が家の子供もロングボードから始めさせています!

次に、そこから自分の目指すスタイルを考えていきます。

ざっくりと分けると、技をバシバシ決めるようなショートボーダーになりたいのか、ゆったりと波に乗るロングボーダーになりたいのか、ここから先は個人の好みになりますので動画などを見たりして自分のスタイルを決めていってください。

ほかにもボードの種類はたくさんありますので次はその辺りの紹介をしていきます。

スポンサードリンク

2.ボードの種類と特徴、サイズ選び

先ほども言ったようにボードの種類は大きく分けると2種類あり、1.5mぐらいから2mぐらいまでのショートボード。

3m前後のロングボードに分けられます。

ですが現在ではボードの種類はほかにもたくさんのものがあります。

その中でもいくつか有名なものを紹介していきます。

まずは、ファンボードです!

これは長さがショートとロングの中間のボードです。

約2m〜2.5mほどの長さになります。

一般的にはショートとロングのいいとこ取りで作られたとも言われていて、ロングでは少し大きすぎて扱いにくいなぁ…とか、将来的にはショートに乗りたいけどロングからいきなりショートはちょっとなぁ…みたいな人には選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

ただし、いいとこ取りということは裏を返せば中途半端とも言えますので、けっしてオールラウンドのボードということではありませんので。

もう1つはフィッシュと呼ばれるボードです。

長さは一般的なショートボードサイズなのですがノーズ(ボードの先端)に丸みがありテール(ボードの後ろ端)が魚の尾ビレのように2つにわかれたような形をしています。

厚みもあり全体的にボテっとした形のイメージで、横に立てるとその名の通り魚のような形をしています。

乗り心地も独特で、ボードサイズが短くても比較的ゆったりと乗るようなスタイルです。

このボードは私が個人的に好きなので紹介してみました!

サーフィンを始めて最初に乗るようなボードではないので経験を重ねて2枚目、3枚目のボードを購入するようなときには是非試してみて下さい。

先ほどから長さをわかりやすいようにメートルで書いていますが、サーフボードの長さはほとんどの場合、フィートインチで表します。

1フィート=30.48cm 1インチ=2.54cmです。12インチで1フィートになります。

めちゃめちゃ計算しにくいですよね・・・

書き方は例えば5フィート10インチのボードなら『5’10”』となり読み方は『ファイブテン』と読みます。

センチでいうと177.8センチです。

横幅や厚みも同じように表します。

おすすめのサイズですが、ロングなら9’0″から10’0″ぐらいでショートなら身長プラス20センチぐらいを目安にするといいと思います。

私も初めは6’5″のボードに乗っていました。そこから少しずつ短くしていくような感じです。

初めてのボードというのはガンガン使い込む練習用と考えてください。見た目などにこだわらず長さ、厚み、幅もある程度大きめで極端に行ってしまえばボロボロの安い中古ボードで十分です。

サーフショップやネットなどでも一万円台ぐらいの物もたくさんあると思います。

 

 

 

ーまとめー

色々と書いてきましたが私の中での上達への最短ルートは、ゴールがバリバリのショートボーダーだとすると

  1. 浮力のあるロングボードでとにかくたくさんの波に乗り感覚をつかむ
  2. 少し短いボード(ファンボードや長くて分厚いショートボード)に変え、ボードを動かすことを覚える
  3. 自分だけのオリジナルボードをオーダーし、さらなるスキルアップを目指す!

こんな感じだと思います。

なかなか簡単ではないですが楽しみながら上達を目指しましょう!

 

スポンサードリンク