スポンサードリンク

部屋の模様替えをしてみたいな。

そう思うときってありますよね。

でも,家具を買い替えたり,置く場所を

移動したりと言うのは非常に大変。

 

簡単に部屋のイメージが変えられるものが

あるのです。

それは,観葉植物

 

初心者向けの観葉植物をたくさん

ご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

初心者向けの人気の観葉植物はこちら!

グリーンが部屋にあるってなんだか

いいですよね。

リラックスできそう。

自分の家なのに,カフェみたい!

 

そんなイメージがある観葉植物ですが,

同時に

手入れが大変そう・・・・・

枯らしてしまいそう・・・・・

というマイナスイメージがあるのも

事実ですね。

 

初心者に人気の観葉植物とは?

ポトス/アイビー/パキラ/サンスベリア

オーガスタ/ベンジャミン

ユッカ/ディフェンバキア

このあたりが初心者向けです。

おそらくどこかで一度は目にしているはずです。

実はオフィスにあったり,

あのカフェにあったり,

と観葉植物って実は

とても身近なインテリアなのです。

参照元:https://horti.jp/

 

観葉植物って初心者には難しい?

フラワーブーケやバスケットを頂いた時,

水やりや水の交換が気になりますよね。

 

きちんとやらないと,長持ちするものも

しなくなってしまう。せっかく頂いたのに

枯らしてしまった・・・・。よくあることです。

 

私たちの生活で切り花はとても身近なため

ここでやってしまった失敗は特に強く

記憶に残ります。

 

何が違う?花と観葉植物

しかし,切り花と観葉植物では

性質が違います。

切り花は基本,花瓶に水を入れたものに

飾ったり,水を吸わせたスポンジに

さしたりして飾ります。

花には根っこがありません。

その為,一般的には長持ちしません。

 

しかし,観葉植物には根があります。

根から養分や水を吸収しますし,

観葉という名前からも分かるように

「葉」がありますので,太陽に当たると

光合成を行い,養分を作り出すことができます。

 

その為,長持ちしやすいです。

観葉植物は,植木鉢に土を入れる従来の

スタイルや,ハイドロカルチャーと

呼ばれる人口土や砂礫を使った

水耕栽培のスタイルなどがあります。

 

こちらは非常に衛生的なので,

近年人気が高まっています。

 

初心者向けの観葉植物、どれにする?

それではさっそくホームセンターに

買いに行くぞ~!

待ってください!

まだいくつかお伝えしたいことがあります!

 

観葉植物の三大特徴

  1. 観葉植物によって,その原産国が異なる
  2. よって,耐寒温度が異なる
  3. 日本は原産国と異なる気候環境である

これをきちんと理解しましょう。

 

まず1ですが,観葉植物はそのほとんどが

熱帯や亜熱帯の国が原産国となっています。

 

続いて2。フラワーパークなどにいくと

温室の中にたくさんの観葉植物がありますよね。

そして室内はもわっ!としています。

温かくなければ,観葉植物は生命を維持できません。

 

最後に3。日本は,熱帯でも亜熱帯でも

ありません。

夏は暑いですが,冬は寒いです。

2とも共通しますが,世界広しと言えど,

国によって気候は異なり,温度も

異なるので,日本では観葉植物が風邪を

ひかないように気を付けてあげる必要があるのです。

 

それでは次からは具体的に品種別に

育て方のポイントをご紹介しましょう!

参照元:simplemodern-interior.jp/

 

初心者向け観葉植物は「ポトス」が人気!

ポトスはつる植物の性質を持ち,

葉は上に伸びれば大きく下に延びれば

小さくなります。

 

栽培,手入れは非常に簡単で小さく切って

差し芽にして,それをコップに入れて

キッチンの片隅に置くだけでも十分。

 

寒さには弱いので,5度を下回らないよう

にする必要があるが,基本的に室内で

あれば気温の心配はいらないでしょう。

 

それよりも増えすぎることを心配した方が

よい観葉植物です。

 

初心者向け観葉植物は「アイビー」が人気!

アイビーはヘデラとも言われる。

葉っぱの形が特徴的。

直射日光は良くないがので,明るめの

日陰や直射日光があたらない窓際あたりが

置き場所としてよいとされています。

 

耐寒温度は0℃から3℃くらい

室内であればさほど温度は心配いりません。

冬は水やりを控えめに。

 

初心者向け観葉植物は「パキラ」が人気!

パキラは直線的な葉の形が特徴。

5枚,もしくは7枚一組の葉が

何ヶ所もでてきて,賑わいを増す。

 

室内に置くと存在感が強いが,

寒さには少し弱いため,日本の室内に

置く場合には10℃前後の温度を

キープできるようにするとよいでしょう。

 

しかし,このことがかえって,原産地の

屋外で育つほど大きくならないことに

つながってもいるのかもしれません。

 

普通に日本国内で手入れ,育てるには

初心者向けの観葉植物であると言えます。

 

初心者向け観葉植物は「サンスベリア」が人気!

サンスベリアはアフリカ乾燥地帯が原産地。

葉先は鋭く,肉厚であるのが特徴。

観葉植物として知られているが,多肉植物

でもあるので,水は極力少なくて良いと

されています。

 

土が乾いた時だけたっぷり水をやればよく,

2~3週間水やりをしなくても,十分に

育ちます。

この時,下にたまった水は捨てます。

 

また,温度ですが,冬は10℃を

下回らないよう気を付けます。

日当たりのよいところに置くと良いでしょう。

 

初心者向け観葉植物は「オーガスタ」が人気!

オーガスタは非常に大きな葉が特徴です。

まるで葉の傘のよう!

 

存在感があり,また南国情緒漂う雰囲気が

あるので,観葉植物の中でも特に

根強い人気を持ち,なおかつ手入れは

そこまで難しくないことから,

初心者にも人気の種と言われています。

 

寒さに強いため,2℃から3℃くらいの

温度でも冬が越せるのですが,

余裕を持って5℃あたりを目安にすると

良いでしょう。

 

暑い国から来た植物なので,冬は室内で

過ごさせましょう。

 

水やりは,土の表面が乾いたらたっぷりと。

夏は2日~3日に一回冬は1週間~10日

に一回あたりが目安です。

 

水受けにたまった水は捨てましょう。

 

初心者向け観葉植物は「ベンジャミン」が人気!

ベンジャミンは葉は小さく,

とてもかわいいです。

 

観葉植物の中でもベンジャミンは

木そのものの形が丸かったり,

リング仕立てだったり,三つ編み仕立て

だったりとアレンジに富み,そして

ユニークであることから特に女性に

人気があります。

 

高さも30センチから2メートルくらいまで

といろいろなので,お部屋のどこに

置きたいかによって,選ぶ選択肢が

たくさんあることも人気の一つです。

 

冬は,部屋の中のできるだけ日の当たる

ところに置きます。

 

室内であればたいてい置き場としては

OKなのですが,窓に近い所で,

朝方ぐっと冷え込むような環境は

避けましょう。

 

初心者向け観葉植物は「ユッカ」が人気!

ユッカは葉は細長く,先端がとがっています。

 

上に向かって伸びること、葉がどんどん

でてくることなどから,別名「青年の木」

とも言われています。

 

日当たりの良い場所,特に午前中に

良く日が当たるところに置くと良いでしょう。

 

冬は乾燥対策のため,葉に霧吹きで水を

かけます。また,土が乾いたなと思っても,

冬は水の吸収力が落ちているため,

そこから更に4,5日たってから

たっぷりと水やりを行います。

 

初心者向け観葉植物は「ディフェンバキア」が人気!

ディフェンバキアは葉の色や形が

とても美しいことで人気があります。

 

株の大きさはさまざまなので,置きたい

場所によって選ぶことが出来る楽しさが

あります。

 

寒さには弱いため,冬でも10℃以上

保てるようにする必要があります。

室内が必須です。

直射日光が良いかというとそうではなく,

葉焼けの原因になってしまう為明るい日陰に

置きましょう。

 

また,株全体にシュウ酸カルシウムという

毒性を持つ為,小さなお子さんやペットが

家にいるご家庭は,気を付けた

方がよい観葉植物です。

スポンサードリンク

 

この記事をご覧になった方は

こちらもおすすめです。

<関連記事>

趣味探し中の女性必見!人気があって簡単に始められるおすすめは?

趣味探し中の男性必見!人気があって簡単に始められるおすすめは?

燻製を自宅で簡単に!材料の選び方や作り方は?

新米のおいしい炊き方!研ぎ方のコツや水の量,吸水時間とは?

お月見の由来と意味は?見て食べて思いっきり楽しもう!

今、女性に人気の資格は!?取得難易度や就職、転職に有利なのは?

 

 

いかがでしたでしょうか?葉の形も株の

大きさもそれぞれなので,

飾りたい場所やイメージで楽しく

選んでみて下さい。

 

観葉植物を育てるもう一つのポイントは,

置き場所をあちこち替えすぎないこと。

 

インテリアの一つではあるのですが,

命ある植物ですので,ストレスになってしまいます。

 

生活に緑があると,心もゆったりできますね。

さあ,あなたも

ぜひともトライしてみてください!

 

以上、「観葉植物の育て方!初心者向きの

人気の種類や寒さ対策とは?」でした。

スポンサードリンク