スポンサードリンク

前回は冬のサーフィンの魅力と効果の話をしましたが、今回は冬のサーフィンを少しでも快適にするグッズを紹介します。

冬のサーフィンは当たり前ですが、とにかく寒い!それはもうどうしようもありません。

ですが、きちんと準備を整えていけばかなり寒さを防ぐことができます。

私も夏と冬とでは荷物の量が何倍も違います。夏はコンビニの袋にタオルと海パンで十分です!

冬場でも気合いで乗り切る!という方には必要のないことかもしれませんが、私のように寒がりの方や、女性サーファーの方はある程度寒さ対策のギアを揃えて行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

超便利!サーフィンバケツ

私はtoolsのWATER BOXを長年愛用しています。こちらはかなりの定番商品ですので

海に行けばそこら中で見かけるはずです。ただの箱型バケツですが、使い道がたくさんあります。

1.普通に荷物入れとして

容量が大きいのでたくさん入ります!持ち手部分が柔らかくなっていますのでギュッと握って片手で持つことができます。海に行く時も片手にボードを持ってもう片手にこのボックスを持てば荷物もスッキリです。

今ではホームセンターなどにもランドリーバケツとして丸型のものが安く売られていて、私も両方持っていますがやはりWATER BOXの方が使いやすいです。箱型で四隅がしっかりとした作りになっていますので思ったよりたくさんの荷物が入りますし、安いものは持ち手部分がすぐにちぎれてしまったりしますがこちらは全くそんなことはありません。柔らかいのに頑丈という感じです。

2.裏返してボード台に

しっかりした作りなので裏返して置けばイスにして座ることもできますしボードにワックスを塗る時の台としても使うことができます。

アスファルトの駐車場など地面に直接ボードを置くのが嫌な時にもちょっと置いておくのに便利です。

私はサーフィンの休憩中に小さいイスを出してテーブルとして使ったりもします。

スポンサードリンク

 

 

3.ミニ露天風呂!

冬はこの使い方が最高です!海から上がり、冷え切った状態で着替えなければなりません。体は冷えて動きにくいですし、冬用の分厚いウェットスーツは脱ぎにくいものです。

シャワー施設があれば利用するのもいいですが、それが無いポイントもたくさんあります。そんな時はこのバケツの中に入って持ってきたお湯を頭から浴びるのです。そうすることで頭から砂や塩を洗い流しながらそのままバケツにお湯が溜まるので足湯状態になっていきます。

そのままどんどんお湯が溜まっていきますのでウェットスーツを脱ぎながらミニ一人露天風呂の完成です。

温まりながら着替えができるというわけです!

最後はその中で脱いだウェットスーツをじゃぶじゃぶ洗ってしまえば着替えもスマートに終了です。

 

 

 

どこでも着替え!タオルポンチョ

こちらも私はtoolsの物を使っていますが今ではいろんなメーカーから発売されているタオル地のポンチョです。

頭からすっぽりかぶるタイプや今はフロントジッパーの物もあるようです。色や柄も豊富にありますのでおしゃれも楽しめます。

寒い冬に海から上がった時のことを想像したら一刻も早くバスタオルにくるまりたいですよね!このポンチョがあれば一瞬でタオルにくるまりそのまま着替えることができます。周りからの目隠しにもなりますし特に女性の方には必需品だと思います。

そもそも海に行く時にはバスタオルは絶対に持っていくものだと思いますのでそれをこのポンチョにすれば荷物が増えるわけでもないのでいいかと思います。

もちろんサーフィン以外でも海水浴やプール、お風呂上りに体を急いで拭きたい方などにも幅広く使えますので一枚持っていても損はないと思います。

 

 

まだまだたくさんの便利なサーフギアが存在していますので私が実際に使用したものを中心に紹介していきたいと思います。

冬でもサーフィンを快適に楽しみながらやっていきたいものですね!

スポンサードリンク