スポンサードリンク

皆さん「釣り」はしたことがありますか?

それぞれの季節、場所によっては

釣れる魚の種類や大きさが異なりますが

一年をとおして楽しめるのが釣りです。

 

夏が終わり、海水浴や河川敷でのBBQが

できなくなって少々物足りなさを感じる

ようになったこの時期、皆さんも

釣りに挑戦してみませんか?

 

今回は初心者にもおすすめな魚、

10月に狙っておきたい魚を紹介いたします。

 

ただ、日本は縦にも横にも長いので、

範囲を関東-関西間に絞って

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

10月の釣りで初心者におすすめの魚は?

釣りといっても大きな魚から小さな魚まで

様々な種類がいます。

いきなり大物を狙うといってもなかなか

うまくはいきません。

 

そこで初心者におすすめな魚を

いくつか紹介します

 

真鯵(まあじ)

よく見るあのアジです。

旬は初夏~夏にかけてと10月は

旬ではありませんが普通につれます。

 

初心者におすすめな魚ではありますが

大物を狙うとなった場合、アジをエサに

して釣りをすることも多いのでまずは

アジを釣る練習をすることをおすすめします。

 

アジは全国どこにでも生息していて

堤防からでも釣ることができます。

 

上手に釣る秘訣で一番大事なのは

釣具店でおすすめのポイントを聞いて

そのポイントに行き、

たくさん釣ってる人にコツ

聞くことだと思います。

 

なぜかというとアジは群れを

成して行動することが多く

ポイントと時間によっては

入れ食い状態になることも

あるからです。

出典:http://www.takuyamorihisa.com/

シーバス(すずき)

シーバスは一年中釣ることができる

比較的大きな魚です。

 

しかし一つ問題があり、時期による

水温の変化により釣れるポイントが

異なるということです。

 

夏は水温の上昇に伴い川のほうに

生息しています。

10月、つまり秋ころになってくると

水温の低下で海の浅瀬に戻ってきます。

 

10月は暑くもなく寒くもなく春に次ぐ

シーバスのシーズンですが、

急に冷え込んだ時にはすこし動きに

活性がなくなります。

 

産卵期に向けての時期となるので

ポイント選びが重要になりますが

ポイントをしっかり選ぶことができれば

上手に釣ることができるでしょう。

出典;https://matome.naver.jp/

10月に狙っておきたい魚は?

アオリイカ

アオリイカは10月に夏に生まれた

新子の群れを堤防周りで釣ることができます。

 

アオリイカは堤防から見ることができるので

その動きを観察しながら、エギングをするのが

いいでしょう。

出典;http://www.atpicpac.v-or.jp/aoriika.html

 

太刀魚

関東地方の東京湾、相模湾での

タチウオは船釣りで日中の釣りが

メインです。

 

テンビンと呼ばれる仕掛けを使って

釣ります。

餌は通常、サバの切り身です。

 

関西地方の船釣りでは、

昼、夜ともに釣りができます。

 

テンヤと呼ばれる針に直にオモリが

付いたものを使って釣ります。

 

太刀魚は釣るのが難しい分、釣った時の

感動と興奮が大きいことは間違いなしです。

出典;http://www.fu-mi0703.jp/

 

チヌ

チヌは雑食性が強い魚で、

スイカやカボチャで釣る人もいるようです。

 

堤防、テトラ、養殖用のイカダ殻など

様々な場所で釣ることができます。

 

撒き餌などをして

一度反応を見てから釣るのがいいと思います。

出典;http://kisyuu.naturum.ne.jp/

 

必要な持ち物は?

釣りをする道具はもちろんですが、

朝晩が冷え込む10月は

服装も重要になってきます。

 

フィッシングスーツ

雨合羽でも十分ですが、

どうせ釣りを始めるなら見た目を

意識したいという方には

フィッシングスーツがおすすめです。

 

インナーを厚手のものや薄手のものに

替えることで朝夕の冷え込みにも

対応できると思います。

 

指無し手袋

釣りをする際手袋をすると

竿や魚を持った時に滑りにくい、

防寒対策になるなど必需品と言っても

過言ではありません。

 

少し値段は高くなりますが革のような質の

手袋を選ぶと重宝すると思います。

 

帽子

朝晩は冷え込むけど日中は夏のように

暑いのがこの時期の特徴でもあります。

 

釣りは待っていることが多くなる時も

あるので帽子は持っていくといいと

思います。

 

魚つかみ

必ず必要というわけではありませんが、

毒魚が釣れてしまった場合にも

安心して外すことができます。

 

釣りに慣れてなくて魚を針から

外すのが難しい。

という方にもおすすめな商品です。

 

釣りに必要な道具

水くみバケツ、はさみ、クーラーボックス、

仕掛け、は時期に関係なく必ず

持っていくようにしましょう。

 

最低でもこのくらい無いと

せっかく釣りに来たのに釣れない、

釣った魚を保管する場所がない、

となり、

とても悲しい思いをすることになるでしょう。

スポンサードリンク

 

まとめ

釣りを始めるためには意外と準備するものが

多く大変だと思うかもしれませんが、

一度そろえてしまえば長く使えるものも

あるので安全のためにも

必要なものはそろえるのがマストです。

 

秋は春から初夏にかけてと比べると

釣れる魚の種類は限られてきますが、

大物から小物まで釣ることが

できるので初心者から上級者まで楽しむことが

できるでしょう。

 

特に、初心者の方は釣りを始める際

下調べや準備で大変だと思いますが、

最初はみんな手こずってたのは

当然のことです。

 

周りにいるような大物を何匹も

釣っているような人たちを目指して

釣り生活を楽しんでください

スポンサードリンク