ここ数年で爆発的に増えてきた珪藻土を使った

グッズですが、中でも代表的なものが珪藻土バスマットではないでしょうか。

 

バスマットといえば一般的には布製のものを

使用している方が多いのではないでしょうか?

 

また、家族の中に水虫持ちがいてバスマットを2枚用意して使い分けている

という方もいるかと思います。

やはり濡れた状態で使用して水虫の菌が

うつるんじゃないかと気になりますよね?

 

では珪藻土のバスマットはどうなんでしょう?

単純に乾くのが早いというようなことは聞いた

ことがあるかもしれませんが水虫の菌などに

ついては実際のところは違いがあるのでしょうか?

 

この記事はそんな珪藻土マットと水虫などの菌

との関係や、うつらないようにするコツ、

実際に2年以上使ってみての感想

と手入れの方法ついてまで。

さらには、おすすめの珪藻土バスマットの紹介

など詳しくまとめていきます。

スポンサードリンク

 


珪藻土とは?バスマットを実際に使用した感想は?

まずは簡単に珪藻土とはどういったものなのか

ご説明しますね。

 

ウィキペディアなどから難しい文章を引っ張ってきてもいいのですが、

今回はそういった

「珪藻とは〜・・」や

「堆積物が〜・・」

といった細かい成分などの話ははぶきますね。

 

珪藻と言われる藻やプランクトン類が長い年月

をかけて化石となったものからできる材料が珪藻土なんです。

 

最近になってよく使われる言葉のように感じますが実は昔からあるもので、

建材や保温材、またはサンマを焼いたり焼肉を

したりする時に使う七輪の材料などにも使われ

ているものなんです。

食べたりしていた歴史もあるそうですよ。

 

自然由来の素材なのでそういったこともあった

のかもしれませんが、押し固めるのに凝固剤や

接着剤のようなものを使用していますので

そんな人はいないと思いますが、口には入れないようにしてください。

 

 

特徴としては多孔性といって目には見えない

無数の細かい穴があってそのおかげで驚異的な

吸水機能がありバスマットとして使う場合は

濡れた足をすぐに乾かしてくれるというわけです。

 

肌触りとしてはサラサラしていて例えるなら

綺麗にならされたコンクリートのような感覚です。

実際落としたら割れたり欠けたりもしますので

本当に感覚としてはコンクリート板や押し固めた土という感じですかね。

 

お風呂上がりに濡れた足でこの珪藻土バスマットに乗ると

水分をぐんぐん吸い取ってくれる感覚がわかります。

吸い付くような感じすらありますね。

 

この感覚が好き嫌いの分かれるところでもあるみたいです。

我が家でもはじめはこの感覚に子供達は少し

違和感があったようですがそれもしばらくして

慣れたようで今はもちろん家族みんな普通に使っています。

スポンサードリンク

 


珪藻土バスマットで水虫はうつるのか?対策方法は?

では本題の水虫問題についてご紹介します。

それには水虫がどうして他の人にうつるのか、

その仕組みを理解しないといけないですね。

 

水虫は白癬菌(はくせんきん)という菌に感染することで発症します。

その水虫に感染している人から他の人に菌が

付着してうつるということになります。

 

白癬菌も一般的な菌のイメージと同じで湿気を

含んだジメジメした環境を好みます。

ですので1日に何度も使って湿ったままに

なっている布製のバスマットなどは菌の温床と

なってしまうわけです。

 

では珪藻土バスマットではどうでしょうか?

最大の利点であるすぐに乾燥するという特徴

によって水虫の菌がその場で繁殖するという

ことはほとんどないようです。

 

ですが水虫の人が使用した後では白癬菌が

落ちたままになっています。

増えることはないにしても落ちた菌にまだ感染力が残っていれば

次にそのバスマットを使用した人にうつってしまっても不思議ではありません。

 

珪藻土バスマットにおいては、

「水虫がうつる心配がありません」という

キャッチコピー的なものをたまに見かけますが

厳密にはうつることはあります。

ですが布製バスマットに比べるとかなり確率は

低いということです。

 

水虫の症状の度合いや人によっての感染しやすいしにくいもありますので、

完全に防ぐことはできません。

 

対策方法としては、物理的にタオルで拭き取る

ことが学術的に有効だと証明されています。

使用後にタオルでふくことで珪藻土マットの

場合は水虫がうつることをほぼ防ぐことができるといえます。

 

また、カビやその他の雑菌に対しても乾燥した

状態を保てるので、繁殖しにくい環境である

ことはまちがいありません。

布製に比べ簡単に清潔に保つことができる

ということですね。

 

菌やカビに対しては乾燥させるということが

前提となりますので吸水力が落ちてきたなと

感じた場合は適切に手入れをする必要があります。

 


珪藻土バスマットを実際に2年以上使った感想と手入れの方法は?

我が家では初めて布製から珪藻土バスマットに

切り替えてから2年以上がたちます。

 

はじめはどんなものかお試しにという意味も

あったので通販で安い中国製のものを購入しました。

 

最初は噂通り、ものすごい吸水力でした!

まさに足に吸いつく感じ!

先ほども書いた通り子供達が吸いついてきて

気持ち悪いと言うほどでした!

 

使っていくうちに徐々に吸水力が落ちていき

定期的に陰干ししたり紙やすりで削ったりと

手入れしながら使っていました。

 

珪藻土バスマット自体、当時はこの一枚しか

使ったことがなかったのと使っているうちに

吸水力が落ちるので手入れしてください、と

説明書に書いてあったのでこんなものかなと

思いながら手入れしつつ使い続けていました。

 

ですが1年もするとヤスリで削っても削っても

吸水力が復活してこなくなり、

手入れを繰り返すことで見た目にも明らかに

薄くなってきて

「う〜ん、どうなんだろ」と思っていた矢先、

ネットで

『安い粗悪な珪藻土マットには発がん性物質が含まれている』

という衝撃的な記事を見つけてしまいました!

 

特に僕はマスクなどをすることもなく

紙やすりで削りまくっていたので削った粉も

トータルするとかなり吸い込んでいるはず!

 

これはヤバい!と思い、小さな子供もいるので

思い切って高い国産の商品に買い換えることにしました。

 

調べると国産の商品には発がん性物質は

含まれていないことがわかりました。

アスベストの件などでその辺りは日本の基準は

すごく厳しいようです。

 

新しく購入した珪藻土マットももう使い始めて1年以上経ちますが、

最初の頃の感覚は1枚目も2枚目もあまり変わりませんでした。

 

ですが使っていくうちに劣化していくスピード

が全然違うなという感覚です。

 

現在使っている2枚目の方は未だに新品の頃と

吸水力がほとんど変わっていない印象です。

 

手入れも1,2週間に1度陰干しをして紙やすりは

まだ2度ほどしただけです。

ちなみに珪藻土バスマットは陰干しが鉄則です

日に当てた方がより乾燥しそうなイメージですが、あまり日に当てるとマット自体が

反ってしまい足で踏んだ時に割れてしまうことにつながるからです。

 

この「反り」の部分でも1枚目と2枚目で

かなり違いがあるように感じています。

 


珪藻土バスマットのおすすめを紹介!

最後に我が家で使っているのと同じ商品を紹介

したいと思います。

実際に使って本当にいいなと思っていますので

自信を持って紹介します!!

「soil(ソイル)」というブランドの商品

なのですが、珪藻土バスマットではかなり

メジャーな商品のようですのでご存知の方も多いかと思います。

 

他のものに比べて正直値段は高い印象ですが

やはり品質はしっかりしています。

少なくとも僕が初めて買った商品とは天と地ほどの差があります!

サイズやデザインもいくつか種類があるよう

ですのでよければ一度見てみてください。

 

水気が吸い取られる感覚には個人によって感じ方が違うと思いますが

品質自体はまちがいないですよ!

まだ試したことがない方には本当に1度この

感覚を味わってほしいです!

珪藻土バスマットを使ってもやはりどうしても

水虫がうつることが気になるという方は

小さいサイズのものを2枚敷くということも

考えてみても良いんじゃないでしょうか?

コスト的にはかなりかさみますのでおすすめは

できませんが・・

 


まとめ

今回は珪藻土バスマットについて水虫がうつる

かどうかにスポットを当ててご紹介しました。

 

結論は絶対うつらないとは言えませんが布製に

比べると水虫菌を含めあらゆる雑菌の発生を

かなり抑えることができ清潔だということです。

 

また、清潔さを長く保つためには適切な手入れ

も必要だということがわかりました。

 

ぜひ「珪藻土」お試しくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

以上、「珪藻土バスマットで水虫はうつる!?

防ぐコツや手入れの方法と感想は?」でした。

スポンサードリンク