今回はサーフィンにおいて基本中の基本であり最も重要

といってもいいほど大事な技術!

「パドリング」について書いていきます!

パドリングとは、英語のpaddle(漕ぐ)から出来ている言葉で

意味もそのまま、サーフボードの上でクロールの手の動き

のように漕ぐ動作のことです。

初心者の方の中にはこのパドリングが弱く

沖に出れなかったり、波に乗ろうとしても

波においていかれたりしたことがある人は

たくさんいると思います!

と言うより誰もが通る道かもしれません!

今現在もパドリングしてもなかなか前に進めなくて

悩んでいる方や今から始めるという方は

この記事を読んで少しでも役立てていただけたら嬉しいです。

まず、パドリングの動作ですが、

簡単に言うと水泳のクロールの手だけバージョンです。

水泳の経験者なら手で水をとらえる感覚がわかるかと

思いますので少し有利かもしれません。

ですがクロールとパドリングは似ているようで違うものです。

ここからは効率の良いパドリングのやり方を説明します。

海の中では意外と基本を忘れがちなので

漕いでも漕いでも進まないという方はこの3つを思い出しながらやってみてください。

スポンサードリンク

パドリングの進むコツとは?スイスイいける秘密はボードに寝そべったときに重心を意識する!

まずは姿勢についてです。

パドリングは言うまでもなく移動するための手段です。

なので、漕ぐこと自体が目的ではなく、

いかに移動したい場所に速く、少しの体力で行けるかが最大の目的なのです。

そのためには姿勢は本当に重要で、パドリングの進み方に大きく影響してきます。

寝そべった時に、おへそとボードの重心が

ぴったりあう状態が理想とされています。

海面とボードが水平になっているのがもっとも水の抵抗を受けにくく

前に進みやすいからです。

このときなるべく上半身を反ってボードの先端が

海面より少し上がる状態にしましょう。

スポンサードリンク

パドリングの進むコツとは?スイスイいける秘密は手はボードの真下を通す!

次は実際にパドリングをするときの手の動かし方です。

クロールのように前から後ろに向かって水をかくのですが、

ボードの横を手が通るのではなくてボードの真下です。

おへその真下を手が通るようにしましょう!

これだけで進み具合が変わってきます!

そして手は水に入っておへそあたりまでは

水を引っ張ってくるイメージ、そこから後ろまでは

水を押し出すイメージで動かすとスムーズにいくと思います。

パドリングの進むコツとは?スイスイいける秘密は移動時とテイクオフ、2種類のパドリングを使いわける!

パドリングは体力をかなり消耗します。それを最小限に抑えるため、

移動時のパドリングは大きくゆったり、

なるべく遠くの水を掴みに行くイメージで!

波に乗るテイクオフ時は短く早く回転数を増やすことを心がけましょう。

指先を水面にザッザッと突き刺すようなイメージで!

この2種類を使い分けて体力をやりくりしましょう。

まとめ

最初のうちは必ず腕がパンパンになりますが

パドリングの筋肉はパドリングでしか鍛えることができません!

何回も筋肉痛になりながら頑張って

スイスイ進むパドリングを身につけてください!

強いパドリングができるようになれば波に乗れるチャンスも

格段に増えますので上達への近道になります!

ちなみにこんなほとんど反則みたいな商品もありますよ!

 

 

 

関連記事初心者のためのドルフィンスルーのやり方!沖に出れなくて悩んでる方へ!

スポンサードリンク